お早うございます。

iPhone修理のスマフォドクター大阪 東梅田店です。
さて、世間では機械が人間お仕事を奪うと、昔のアSF小説のような事がネット上でささやかれていますが、
あながち、フィクションとも、言い切れないようです。
EMS大手のFoxconnが、iPhoneの製造ラインにおいて、機械を導入するようです。
そのうち、製造といった作業のみでなく、もっと繊細な、人が為す事が当然とされて来た作業にも、
いずれ、機械が占めるパーセンテージが増えてくるでしょう。
人が夢を見、空想し、書き綴って来た事が、現実になりつつある事は、以前も書きました。
その際、物事に必ず二つ側面がある事も。
良い意味でも、悪い意味でも、というやつです。
いい側面は、人類はその手の中に、握り込める大きさの中に無限に近い可能性を得、
もう一つの側面は、その、得た可能性により、人は、可能性を失いつつある、
この先、一つの可能性を手放せないなら、人は、可能性を広げ続けなければ、何かを手放すしかなくなります。
 
iPhoneを持たないその手に、何を掴むかを決めなければなりません。