こんばんは、大坂駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

もうすっかり秋の気配、夏の終わりは早いものです。

本日は8月30日、8月も終わり、早9月へと・・・。秋の気配漂う中、皆様いかがお過ごしでしょうか。

スマフォドクターは年末年始以外無休で元気に営業中です!

さて前回、バッテリーについての記事を書かせていただいたのですが今回はもっと掘り下げようということで

バッテリー修理の様子を画像と共にご説明させて頂こうと思います。

 

 

1.画面を取り外す

 

まずは画面を取り外します。両手を使ってしっかりと修理するためには必須ですね。

画面を寝かせたり、物に傾けて固定するのはNGです。ケーブル類の断線の原因になりかねません。

必ず基盤から取り外しておきましょう。

 

2.バイブレータを取り外す

 

そのあとにバイブレータを取り外します。何故かというとバッテリー自体は2本の粘着テープで固定されており

そのテープの延長線上にバイブレータあるので、バッテリー取り外しの際に邪魔になってしまうからです。

厳密に言えばバイブレータがあろうがなかろうがテープを外してバッテリーを交換することは可能です。

しかしバイブレータを取り外し、そこに隙間を作ってから作業を行った方が素早く、

かつシールをちぎらずに剥がすことができます。

 

3.ドライヤーで粘着テープを温める

 

バッテリーにしっかりと張り付いてあるバッテリーシールを剥がしやすいように温めていきます。

ここで注意して頂きたいのは、決して温めすぎないということ。

基盤は残したままで作業するのでここは注意しておきたいですね。

 

4.バッテリーシールを剥がす

  

 

次にバッテリーシールを剥がします。なるべくちぎらないように剥がした方がいいです。

作業スピード、効率が非常に上がりますし、バッテリーシールをちぎってしまうとバッテリーに負荷をかけながら

取り外すしか手段が無くなってしまうからです。

なるべくバッテリーには負荷や無駄な力を加えたくはないですよね。

バッテリー破損、変形や燃焼のリスクを考えると負荷をかけずに取り外すのがベストです。

 

5.仕上げ

あとは逆の作業をしていくだけですね、言うまでもないので割愛します。

 

さあ!いかがだったでしょうか。iPhoneへの愛着が少し湧いてきたんではないでしょうか。

スマフォドクター梅田店ではバッテリー交換、画面交換、その他様々な修理を行っております。

今後も何か別の修理内容をブログに載せていけたらいいなと考えておりますので、是非お楽しみに!

 

それでは大坂駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。