iPhone4S リカバリーモード

こんばんは、大坂駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

本日ご来店されたお客様は突然リカバリーモードに入ってしまったiPhone4Sをお持込されました。

4Sとなるとかなり古い機種ですのでシステムで問題が起こっているのか、ハード関連で問題が起こっているのか難しいところです。

まずは復元をせずにアップデートを試みるも、最後の最後で不明なエラーによりアップデートを完了することができませんと表示され弾かれてしまいます。

幸いお客様はバックアップを取られているので復元できれば・・・と思いました。

しかし、この4Sはサブ機で、メインが別キャリアの契約端末だそうです。なお、この端末のSIMは解約済み。

この状況でできれば端末の復活、そしてキャリアメールの履歴がみたいとのことでした。

現在はなんとかハードウェア面での原因を探っている最中です。

キャリアメールとなるとSIMを解約してしまっては復元することが困難です。

なんとかこの端末を復活させるべく現在も奮闘中です。

もしも原因のわからないエラー、故障があった場合数日お時間を頂く可能性もございますのでご理解ください。

それでは、大坂駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。

iPad Air 画面交換修理

こんばんは、大坂駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

今回はiPad Air 画面交換修理をご紹介していきましょう。

 

 

画面は左側の割れがひどい状況です。右側は割れていないですね。

実は、iPad Airのコネクタ類は右下に密集しています。なのでコネクタ類が破損している可能性は少ないと思われます。

画面のデジタイザーは粘着テープで固定されていますので、割れたデジタイザーを剥がす時はヒートガンで温めてからケーブルを切らないように慎重に剥がしていきます。

それでは中をご覧ください。

 

 

中はこんな感じです。左側にバッテリー、右側に基盤という構成になっています。

意外とシンプルに見えます。

元あった液晶に付着している細かいガラスの破片を丁寧に取り除き、絶縁等を施した新しいデジタイザーを基盤に接続します。

その際、なるべく埃が入らないようにエアダスターで埃を取り除きながら画面を閉じます。

 

 

今回も特に問題もなく修理を終えました。

この後は粘着テープでくっついている画面を1日圧着して作業終了となります。

いかがだったでしょうか、今回はiPad Airの画面交換修理のご紹介でした。

皆さんも画面が割れた際は是非、スマフォドクター梅田店へお越しください。

それでは、大坂駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。

iPad mini 3 画面交換修理

こんにちは、大坂駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

今回はiPad mini 3の画面交換修理です。

画面はボロボロの状態で、フレームもかなり凹んでいて変形しています。

ディスプレイは映っていてタッチは効いていますので、基盤は問題なさそうですね。

画面を交換の際、フレームが大きく歪んでいたり打棍箇所が激しく凹んでいたりすると新しいガラスがフレームにはまらなくなってしまいます。

そうならないためにも割れたガラスを外した後は、フレームの矯正をしていきます。

フレーム矯正、調整はミリ単位のずれでも修理に大きく左右されてしまいますので、今回も細かく調整していきました。

画面交換後は問題なく動作し、作業を終えました。

フレーム全体のねじれにより新しい画面を圧着していても、画面が浮いてくる恐れがあります。

もしもフレームの歪みが極端にひどい場合や、凹み、変形が激しく見られる場合はiPadを実際にお持ち込み頂いた上でご相談承ります。

それでは、大坂駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。

 

 

大阪梅田店ではiPhoneのバッテリー交換がおすすめです

大阪梅田店ではiPhoneのバッテリー交換がおすすめです

こんにちは、本日のiPhone修理のご紹介は
iPhone5のバッテリー膨張によるバッテリー交換と画面の修理。iPhoneSEのタッチ故障による画面修理。

ここ数日、日頃よりiPhoneのバッテリー交換を承ることが増えてきたスマフォドクター梅田店です。
巷では何が起きているのかiPhone5やiPhone5Sといった、数年前の機種でバッテリー交換の需要が再び増えているみたいですね。

iPhoneのバッテリーの消耗がはやいのはもちろんですが、
画面が浮き上がっているなども、バッテリーが膨張している
ことが原因であることも多いので、この機にバッテリー交換をご検討ください!

本日は休日ということもあり、開店直後からぽつぽつとご来店いただいておりますので、事前のご予約をおすすめしております。

それでは、本日のブログ担当はお預かりしたiPadの修理に取り掛かります。。。
iPadガラスの脱着は以外と大変なのです。(~o~;)

本日の修理はiPhone6画面交換です

こんばんは、大坂駅周辺のスマホの修理屋さんスマフォドクター梅田店です。

今回の修理はiPhone6の画面交換です。

お客様のiPhoneは画面が全く映っておらずバキバキに割れていて、本体のバイブ機能はしっかり起動している状態。

サウンドもしっかりスピーカーからなっているということで、本体は故障してはいないだろうと予想します。

中を開いてみると水没反応はなく、砂ぼこり等汚れもありません。

画面と基盤を接続しているコネクター類にも目視では汚れやサビ、ショート跡等の問題がなさそうですが、若干コネクターが歪んでいるような具合は見受けられました。

ただ、そこまで影響の出るような歪みではないようです。

画面を新しいものに交換すると正常に起動しました。

こういった画面がついていない状態からの修理の場合、基盤がダメになっているのか、画面がダメになっているのか、原因の特定が難しくなります。

ですがスマフォドクターにお任せください。1つ1つ原因究明していき丁寧に修理をさせていただきますよ。

お困りの際は是非スマフォドクター梅田店へ。

それでは、大坂駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。

型落ち機種の動作が遅い理由は…

お世話になります。

大阪梅田のiPhone修理屋さんスマフォドクター梅田店です。

 

 

本日のブログテーマは…!!!!

『少し前の機種の動作が遅いのはなぜか』

少し前と行っても2~3年ぐらいですね。

ちなみに電子機器産業は販売から半年も経てば骨董品と言われる業界です…

iPhoneでいうと5、5S、6といったあたりの機種ですね。

最新機種より古い物が少し不便なのはパソコンなどを見ていれば何となく分かるかと思いますが、でも一体なぜ遅くなるのか。

知ってるようで意外と知らない事をお伝えしようかと思います。

 

 

まず、スマホが動作する点で大事な部分が2つあります。

 

 

一つは部品(パーツ)です。(馬鹿にしてませんすいません)

そしてもう一つは

 

OS(オペレーティングシステム)

 

と言われるものです。

一般的には機械(身体)だったりCPU(脳みそ)を動かす『命令』を出すシステムなのですが、

iPhoneでいうとたまーに画面に『アップデートしますか?』とiPhoneに聞かれるアレです。

『iOS』のことですね。

ちなみに、なんでアップデートがあるのかというと

『最新機種に合わせてOSも改良されている』

からなんですね。

勘の良い方ならもう気付かれたでしょうか。

最新機種のCPU(脳みそ)の処理速度ありきで改良されたシステムですので、一世代や二世代前のiPhoneになるとそれはそれはもうたくさん計算しなくてはならいのです。

その一つ一つの計算に時間がかかって、使用している我々が全体で総合的に見ると

 

『動作が遅い』

 

という認識になります。

計算をいっぱいするという事は前より電力を消費したり、追いついていないけど頑張ってしまうとCPUは熱を持ったりします。

OSアップデート→動作遅くなる→本体発熱して消耗する

という負の連鎖が出来上がる訳です。

メーカーの営業方針上この辺りは文句を言っても仕方が無いんですがねぇ…

ではどうすればよいのか…

 

 

①空き容量を増やす(最低で5G~6G、もしくはマシになったと体感出来るまで)

 

②バックアップを取って本体を初期化、バックアップから復元

 

 

これでだいたい快適に使えるようになります。

②は消したのに実は消えていないゴミデータ(システムのキャッシュ)や、エラーをデータごと消してしまおうという操作になりますので必ずバックアップを取ってから初期化をお願いします。

 

パーツだけでなくご希望とあれば今後の使い方や注意点などもご案内させて頂いております。

何か分からない事がありましたらいつでもお電話ください。

お疲れ様でした。