iPhoneの有機EL(OLED)と液晶ディスプレイ(LCD)の違い

「iPhoneの有機EL(OLED)と液晶ディスプレイ(LCD)の違いって何?」

2017年ごろよりiPhoneをはじめとしGalaxy、Xperiaなどハイエンドスマホには標準で有機EL(有機Electro Luminescence)のディスプレイが採用されるようになりました。
そんな中、2020年現在でもiPhone11やiPhoneSE(2020)はLEDが採用されています。

スマフォドクター梅田店でもiPhoneの画面修理のを受ける際に選んでいただける選択肢が増えました。ご質問も多くいただくようになりましたので、有機EL(OLED)と液晶ディスプレイ(LCD)の違いを見ていきましょう!

有機EL(OLED)とは

簡単に説明すると有機EL(有機Electro Luminescence)とは電圧を掛ける事により素子が独自の光を生成する電界発光という現象の事を差します。
OLED(Organic Light Emitting Diode)と呼ばれる事もありますが、
日本ではパネルやスクリーンの事を有機ELと呼称する事が多いです。
※以下記事では有機ELと省略します。

液晶ディスプレイ(LCD)とは

作り方に様々な方式がありますが基本的に液晶(幾つかのフィルターの層)がバックライトの光を調節し
視覚、認識出来るようにする装置のことであり、液晶自体は発光していないのが特徴です。

有機ELのメリット

  • 消費電力が少ない
  • コントラスト比の高さ
  • 視野角が広範囲

消費電力が少ない

有機ELは完全な黒色を表現する際、素子が発光せずに表現できる為
液晶ディスプレイに比べ消費電力が少なくて済みます。

コントラスト比の高さ

有機ELは暗さや明るさを表現する際発光量を調節することにより
色鮮やかに表現することが出来ます。

視野角が広範囲

有機ELはバックライトではなく、素子自体が発光し色を表現するため
ある程度の範囲は角度を付けて見ても見にくくなることがありません。

有機ELのデメリット

  • 製造コストが高い
  • 焼き付きや紫外線に対する弱さ
  • 野外や太陽光下で見づらい

製造コストが高い

製造コストが高い為有機ELを組み込んだ製品は比較的価格が高いのが難点です。

焼き付きや紫外線に対する弱さ

有機ELのディスプレイは長時間同じ画像を表示すると焼き付きが発生することがあります。
加えて紫外線に弱く野外での長使用は控えたほうがよさそうです。

野外や太陽光下で見づらい

素子1つ一1つが発光するので日差しが強い野外でも使用できそうですが、
1つの光量(明るさ)に限界があるため強い日差しの中では暗く見づらい事が多いです。

液晶ディスプレイ(LCD)のメリット

  • 有機ELに比べ製造コストが安い
  • 野外でも見やすい

有機ELに比べ製造コストが安い

液晶ディスプレイは有機ELに比べて製造コストが低いのでその分製品価格が抑えられるので
お財布に優しいですね。

野外でも見やすい

有機ELに比べバックライトの光量(明るさ)があるので見やすくかつ
紫外線による劣化も少ないのは良い点ですね。

液晶ディスプレイ(LCD)のデメリット

  • 反応速度の遅さ
  • 視野角の狭さ

反応速度の遅さ

液晶ディスプレイの場合何層ものフィルターを通しバックライトの光を調節してから
発色するため、有機ELに比べ反応速度で劣ってしまいます。

視野角の狭さ

液晶ディスプレイはバックライトの光がフィルターを通って発色する事は前述していますが
光の方向が決まっているため一定の角度から外れてしまうと光でぼやけて画面が見にくくなってしまいます。

まとめ・結局どっちがオススメ??

最近ではNetflixやAmazon Prime等の動画配信サイトも多くより綺麗な映像でアニメや映画など
動画コンテンツを楽しみたい方やバッテリーの持ちなどが気になる方は
有機ELのディスプレイ、野外での長時間の使用を目的としている方やスマホにあまりコストを掛けたくない、
お手軽に使いたいという方には液晶ディスプレイをお勧めします。

今日ご紹介したもの以外にも有機EL・液晶ディスプレイのどちらにもメリット・デメリットがあるので
皆さんの使用状況に合わせ自分のライフスタイルに合ったものを選んで頂けたらと思います。