こんばんは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。
今回ご紹介するのはiPhone6水没修理のブログです!!
お客様のiPhoneは20分ほどお風呂に浸かってしまっていたようでかなり復旧は厳しいかもしれませんが
できるところまでやってみたいということで早速修理していきます。
現状iPhone6は全く反応のない状況、うんともすんともいいません。
この状況からできるだけ機能を復活させていきます、まずは中を開いてみます。
中には水滴がまだ残っていますまずはこの基盤の上、バッテリーコネクタ付近を入念に乾燥させていきます。
お客様のiPhone6の液晶パネル、バッテリーは浸水がひどくこちらは確実に交換となるでしょう。
乾燥と脱水作業を行なった後、液晶パネルとバッテリーを交換するとバッチリ画面は映りました!
やったーこれで修理完了!お客様にも喜んでいただける!と思いきやまだ問題がありました。
・・・・充電ができない。
でもこちらはライトニングコネクタ修理であっさり解決しました。
しかし次に再び問題が発生、本体から音という音が全くでない&電波を探して常に「検索中」と表示される問題です。
イヤホンをさしても聞こえない、LINE通話は耳元でもスピーカーにしても聞こえないのです。
幸いWifiはしっかり拾うのでLINEでのやりとりはできますがキャリアの電波を拾っていません・・。
ここからiPhone6との死闘が始まります。電波関連のパーツを手当たり次第交換しても改善が見られなく
次の作として基板の洗浄を試みました。
もちろん水洗いするわけではありません、特殊な液体で基板を洗浄していきます。
そして小さなゴミやサビを取り除き再度乾燥作業に入ります。
これで基板修理の一歩手前までの作業、できる限りを行いましたがやはりサウンドの不良、
電波障害は改善しませんでした。
アナログな部分での改善策は全て打ったので次はシステム改善をオススメしました。
とりあえずお客様のiPhone6はバックアップを取れる状態にはなったので早急なバックアップをオススメし、
バックアップから復元をしていただくように促し今回はお返しとなりました。
もしもシステムエラーがおこっているならば音や電波問題は解決する可能性がありますので皆様も
諦める前にまずスマフォドクターにお任せください。
今回のお客様の水没修理はまだ続きます、続報があればまた後日ブログにかきますね。
それでは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。