こんばんは、 大阪駅周辺の スマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

今回はiPhone8Plus液晶交換修理のブログです。

お客様のiPhoneは画面が割れていてホームボタンが聞かない状況です。

破損もひどく今回は画面の液晶交換修理のご依頼でしたので早速修理していきます。

まずはフロントパネルを開きます。

iPhone7以降の機種はケーブルが基板の横についているので横に開いて修理します。

フロントパネル自体は粘着テープで固定されていますので本体に影響がない程度に少し温めてから開いていきます。

個人的にはiPadと似たような構造になってきているなと思っています。

実はiPadも粘着テープでフロントのガラスは固定されているんですよ!

では次に液晶を交換するのですが、単純に新しいパネルを取り付けるだけではありません。

お客様の元々の液晶パネルに取り付けてあるスモールパーツを

新しい液晶パネルに移植していかなければなりません。

つまりは、カメラやホームボタンなどは今まで使っていたもののままということになります。

なので今回のお客様のホームボタンはそのまま・・・・。最初にお持ち込みいただいた全く効かない状態。

ところが修理完了後にホームボタンを使ってみると正常動作するようになっています。

後からお話を聞くと、前回別のお店で液晶交換修理をすでに行なっているとのことでした。

その際にホームボタンが効いたり効かなかったりの状況だったようで

パーツの相性が悪かっただけかもしれません。

可能性としては低いですが前回修理した液晶パネルのホームボタンを接続するコネクターがなんども落としてしまったためにダメージを受けていたのかもしれません。

はっきりと原因わわかりませんが直るに越したことはありませんね。

それでは、大阪駅周辺の スマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。