こんにちは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

今回の修理はiPhone7のバッテリー交換修理です。

お客様のiPhone7を早速修理していきましょう。

まずはパネルを開きますが、そこで発見したのが水没反応。

iPhone7の水没は水没反応があると白から赤に変色するシールで見極めます。

お客様のiPhone7は水滴こそ残っていないですがこのシールが赤く変色している

状態です。

この場合はっきりと水に濡れたことがある端末だとわかりますが

修理前の動作チェックでは、動作が不安定だということはありませんでした。

お客様自身は水没の自覚はあった様ですがこの様な場合、

「点検や修理はした方がいいのか。」

というご質問がございましたので答えていきます。

まず、修理する様な不具合が出ていない場合修理は必要ありません。

しかしいつ故障するのかわからない状態ではありますので、水没点検はした方がいいでしょう。

自分ではiPhone7を分解して中の水没状況を確認することができませんよね?

実際のところ修理店に水没点検を依頼し、軽度の水没だった場合。

修理する必要もなく点検費用だけかかってしまうこともあります。

ここで修理店に出す際のテクニックをお教えしますね。

おさらいしますが、今回の場合はお客様自身が

このiPhone7を水没させたことがあるという事実を覚えています。

そしてもう一点、今回はバッテリーの交換を希望しているということです。

なので、バッテリー交換を依頼して修理担当のスタッフに水没の状況を聞けばいいということですね。

水没が軽度で心配なし、なのか水没が重度でバッテリー以外のパーツ交換

または中のクリーニングが必要なのかを確認しましょう。

バッテリー交換をする場合、中の状況を確認できるわけですから

この段階でクリーニング、または修理、点検。さらには現状維持。

いずれかの選択肢をなるべく費用を抑えて選んでいくのが大事ですね。

それでは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さんスマフォドクター梅田店でした。