こんにちは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

今回はiPhone7の水没、画面交換修理のお客様がご来店されましたので

ブログを書いていこうと思います。

お客様のiPhone7はホームボタン付近のケーブルが外側からでも見えるくらいに破損しています。

画面を落として割ってしまった時には辺りに水があった場所だったらしく

中が水没している可能性もあります。

落とした時にはタッチが誤作動してしまっていたらしく電源は切ったままお持ち込みいただきました。

実はこの水没してしまったかも・・・。

と思った時に電源を切っておくのは非常に大切です。

やはり端末内部に水分があると本体がショートしてしまう恐れがありますので

電源を切っておくことは復旧率アップに直結します。

お客様はベストな判断をしたと言えるでしょう。

水没だけでなく単純に落としてしまった衝撃でタッチが誤作動することもあります。

パスワードを設定している人は、そのパスワード入力画面で誤作動してしまうことが

どんなに恐ろしいことかわかると思います。

なぜなら、パスワードを何度も間違えると悪用防止などでセキュリティー機能が作動して

端末を永久にロックしてしまうからです。

こうなってしまえばもうデータを消す他ありません。

たとえ画面修理で直ってもデータを消さなければ使えない端末になってしまうのは酷な話です。

日頃からデータバックアップはしておくことも大切ですし、今回の様に故障したかも・・・。

という時には電源をOFFにすることもお考えください。

それでは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。