スマフォドクター梅田店です。

AppleがiOS 13の公開ベータ版を6月にリリースした事を皆さんご存知でしょうか。
ベータ版なので正式なリリース前のソフトで、正式版で利用できる機能を基本的に全て試す事が出来ます。( iPhone6s以降に販売された端末に限ります。)

『iOS13での変更点は?』

iOS13のアップデートからの大まかな変更点をあげていくと

1、ダークモードの実装

2、簡単に文字入力が出来る Quick path

3、写真アプリのリニューアル

4、新しいマップアプリ

5、アクセシビリティの強化(音声入力、Face ID)

上記の中でも個人的に1番嬉しい機能はやはりダークモードという機能ですね。

ダークモードとは

iOS13では、すでにmacOS Mojaveで導入されているダークモードを、iPhoneとiPadでも利用可能になります。
ダークモードはアップル純正アプリで利用でき、開発者による実装が進めばサードパーティ製のアプリでも徐々にダークモードを利用できるようになるでしょう。
現時点では、メッセンジャー、メール、カレンダー、写真、メモ、設定といったアプリで、ダークモードを選ぶことができます。
※iOSの設定にある画面表示と明るさからオンにできます。

また、有機ELディスプレイを搭載したiPhoneなら、これによってバッテリーのもちの改善が見込めます。
※有機ELはバックライトを用いている液晶とは異なり黒い部分が点灯しないので消費電力を抑える事ができます。

自分自身iPhoneXsユーザーでして、最近バッテリーの持ちが悪くなってきているのでダークモードの実装は非常に嬉しいです。

バッテリーが消耗しているかどうかは 設定→バッテリー→バッテリーの状態
から皆さん確認できるのでバッテリーの持ちが気になる方は是非チェックしてみましょう。
バッテリーの最大容量が80%台になってくるとかなり持ちの悪さが目立つので、
どうしてもバッテリーを交換したいという方は是非当店でバッテリーを交換してみてはいかがでしょうか?

スマフォドクター梅田店