こんばんは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

今回はHUAWEI P10 Plus バッテリー交換修理ブログです。

お客様のスマートフォンは画面が浮いている状態です。

バッテリーの膨張によりフロントパネルが浮いてきているのでしょう。

フロントパネルをまずきれいに外していきます。

今回のP10 Plusはざっくり言うと中が3層構造になっています。

第一層のフロントパネルを開くとアルミのパネルが現れます。

第二層のアルミのパネルの裏側には上下に基板がついてあります。

第三層目はフレームボディとなります。

一番重要な部分は第二層目の基板付きアルミパネルです。

先ほど説明したように基板が上下についているのですが、

その間にはバッテリーが粘着テープで取り付けてあります。そのバッテリーもアルミのパネルの

裏側に取り付けてあります。

今回はこのバッテリーが膨らみ、内側から圧力でこのアルミ板を外に押し出して

最終的にフロントパネルが浮いてきてしまったと言うことでした。

画面が割れていなかったのもこのアルミ板がバッテリーの膨張を少し抑えてくれていたからでしょう。

今回は新しいバッテリーに交換し、フロントパネルの圧着にお時間をいただきますので

24時間お預かりの修理となります。

それでは大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。

PayPayでのお支払いで5%ポイントキャッシュバックキャンペーン中!