こんばんは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

本日はiPad Air の動作不良端末を修理していきます。

こちらのiPad Airは最初画面割れのものでした。

しかし、スリープボタンの効きがおかしく、リンゴループにもなってしまいます。

調子のいい時は問題なく使えると言った具合ですね。

それでは早速確認していきましょう。

まずスリープボタンの効きがおかしい点。

一旦スリープボタンを取り外してみます。

そうするとスリープボタンの効きを具合に密接に関係する部分の歪みを発見しました。

おそらくボタンの効きがおかしかった物理的にスリープボタン(内部のパーツ)が曲がっていたからだと予想しました。

まずこの歪みを矯正してみます。

次にリンゴループですが、一旦バッテリーを取り替えてみます。

今の所症状は出ていませんがこれについては検証に時間がかかってしまいますね。

なんせ調子のいい時は普通に使えるiPad Airだからです。

症状の頻度を考慮して入念に検証していきます。

いまだ検証中ですので続きはまた後日ブログにてお伝えできればと思います。

それでは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。