最近はiPhoneだけではなくMacBookの修理なども多くいただくようになってきました。スマフォドクター梅田店です。

iPhoneもそうなのですがMacやPCも長く使う方が増えていますね。ということで

MacBook Airの2012年モデルのキーボード交換のご紹介

ジュースをこぼしてしまいキーボードが全部反応しなくなったとのことで依頼いただきました。

MacBook Airのキーボードが動きません

MacBookAirの背面開けるとこんな感じです。
いつみてもバッテリーが大きいです。

この時期のMacのバッテリーは粘着ではなくネジで止めているのでバッテリー外すのが楽です。

各種ネジを外して基板に接続されているものを外していきます。パームレスト(キーボードのついている面の外装の事)から基板ごと外します。

大きな部品を外すのは比較的簡単ですが、キーボードの背面についているバックライトや反射板は破らないよう丁寧に外すのに慣れないと一苦労です。

キーボードだけが残ったMacBookAirのパームレスト

あとはキーボードを外すのですが、小さなネジかつたくさんあるほとんどのネジ穴が埋められているので頑張って外していきます。

これが終わればあとは新しいキーボードをはめ込んで元に戻すだけなので状態にもよりますが2〜3時間ほどで完了です。

キーボードもバッチリ動きます!

修理後キーボードもしっかり動作するようになりました

どのメーカーも10年近く前の機種になると修理受付を終了していることが多いです。
そんな時はスマフォドクター梅田店にご相談ください。