こんばんは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

本日はHTC10のバッテリー交換修理のブログを書いていきます。

お客様のHTC10はバッテリーの減りが早く、残量30%から急に0%になってしまったりするそうです。

充電中は熱暴走し、手で持っていられないほどの熱を持つそうです。

おそらくバッテリーの劣化が原因だろうということで修理していきます。

HTC10のバッテリー交換はまずフロントパネルの粘着を剥がすところから修理が始まります。

しかし、ここで注意なのがHTC10のフロントパネルはかなり厚みが薄く、取り外し時に負荷がかかって破損してしまうことが多いです。

バッテリー交換時にフロントパネルの交換も必要な場合がございますのであらかじめご了承くださいませ。

それではバッテリー交換をしていきましょう。

バッテリー交換後もバッテリー診断アプリでは修理前と同じバッテリーのパフォーマンスの数値が出ています。

しかし、明らかにバッテリーの持ちは良くなりました。

おそらくアプリがサードパーティ製のバッテリーを認識できないかシステムの問題かと思われます。

バッテリー自体は問題なさそうです。

一旦お客様に確認をとってお返しとなりますが、パネルの圧着にお時間をいただきます。

それでは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。