こんばんは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

本日はiPhoneXのバックパネル交換修理ブログを書いていきます。

まず、iPhoneシリーズの背面パネルがガラス製になったのはiPhone8やiPhoneXからです。

そこから背面パネルを割ってしまう方が現れ始めました。

 

 

以前でしたらフロントパネル、まあ液晶画面が割れてしまうと言うところが、

表の液晶と背面も割ってしまうということが起こるようになりました。

背面パネルには非接触充電のパーツが張り付いてはいますが、最低限使用する分で故障すると困るような

パーツは付いていません。

ですので、背面パネルが割れていても修理する人たちは多くありませんでした。

しかし、今日の価格競争やパーツの入荷価格の低下によって修理費用が安くなり

修理する人たちが増えてきました。

では、実際のところ背面が割れた状態ってどうなの?

故障と言えるの?と言うところですが・・。

もしも背面パネルが割れてしまった場合チェックしていただきたいのは非接触充電が可能かどうか。

もし非接触充電ができなくても使わないからいいや!と言う方もいるでしょう。

まあ使わないのならいいのですが

背面パネルの割れた隙間を放置していると端末が水没して故障することも考えられます。

特にiPhoneは防水でしょ!と思っているあなた!

iPhoneは防水ではありません。

耐水機能は備わっていますが防水機能はないのです。

もちろんお風呂での仕様は厳禁です。

端末内部に湯気や水蒸気は簡単に入り込んでしまいます。

基板の故障や、カメラの曇り、故障に繋がってきますのでお風呂での仕様はやめておきましょう。

背面パネルが割れていたのならなおのことお風呂では使用しないでください。

今回は背面パネルの交換修理とバッテリーの交換修理でした。

背面パネル修理といっても後ろのガラス部分を交換するのではなく、

背面のガラスとフレームがもともとくっついているパーツを使用します。

ですので、修理する場合は基板から細かなパーツまで全てお客様の元のiPhoneから移植すると言う作業となります。

修理ご希望の際は2〜3時間程を目安としてください。

今回も全てのパーツを移植しました。

当店では、パーツ在庫があれば即日対応可能ですので一度ご相談くださいませ。

それでは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。