こんばんは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

本日はiPhone8の画面交換修理のブログを書いていきます。

iPhone8はiPhone7と違い、背面がガラスパネルとなっております。

それによって背面からの非接触充電が可能となっている端末です。

iPhone8はiPhone7とサイズ感がほぼ同じでiPhoneX以降のホームボタンのない機種とは少しサイズ感が違います。

最近発売されたiPhoneSEともサイズ感は似ています。

修理の際のご予約の際など、自分の端末が何の機種なのかを把握しないといけない場合の見分け方をお教えいたします。

まずiPhone7とiPhone8,SE(2020)の違いは背面がガラスかどうか、です。

iPhone7の場合だとフレームと背面は同じ素材でできています。

iPhone8,iPhoneSE(2020)は背面パネルがガラスでできています。

では、背面がガラスパネル同士のiPhone8とiPhoneSE(2020)の見分け方はと言うと

背面にあるアップルマークロゴの位置をご確認ください。

 

 

アップルのロゴが上の方に配置されているものがiPhone8、

アップルのロゴが真ん中に配置されているものがiPhoneSE(2020)となります。

これであなたも見分けられるようになりましたね!

これが見分けられず、自分が使用している端末の機種名を誤っていると修理に出す際にデメリットが生じてしまいます。

例えば、自分が使っている機種がiPhoneSE(2020)だったのにも関わらず、

ご自身はiPhone8を使っているという誤った認識でいた場合。

修理店に修理を依頼するときに間違った端末の修理予約を入れてしまって

いざ、店頭にて修理に出したときにiPhoneSE(2020)の在庫が切れてしまっている!なんてことも考えられますよね。

修理のさいに在庫がなければ、また入荷するまで待たなければならない。

修理するためにまた修理店へと足を運ばなければならない、二度手間ですよね。

そういったことを避けるためにもご自身で使っている機種の名前はしっかりと把握しておきましょう。

今回の修理はiPhone8の画面交換修理で修理時間20分程度。

修理後には動作確認をしっかり行いご返却となりました。

ごく稀に自分で使っている端末の機種がわからない方がおられますので

修理の際はこのブログを参考にしていただければなと思います。

それでは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。