こんばんは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

本日は、iPhoneXS画面交換修理ブログなのですがいつもと少し違った視点から書いていきます。

 

 

 

まず、様々な非正規店の修理業者がありますよね

そこで画面を交換するときにまず皆様が重要視されるのは値段だと思います。

なるべく価格の安い修理店に修理を出し、データも残ったまま端末が返ってくる。

それがベストですよね?

いろんな修理業者の修理価格をホームページで探してから、一番安いところで修理される方が多いと思います。

でもその修理価格に結構な差があるなぁと思っている方がいるはず。

ではその修理価格の差とは一体なんなのでしょうか。

まず、

1.単純に設定価格の違い

修理店ごとにパーツの入荷価格の違いや修理工賃の価格の違いによるもの。

iPhoneXSだと比較的に新しい機種の部類に入るので、パーツの入荷価格の差が出やすかったり

その修理店でのiPhoneXSの修理工数から算出する適正価格に差がある場合です。

2.有機ELパネルまたは液晶パネルの違い

iPhoneXSの場合、画面交換に使用するパーツのフロントパネルには2種類用意している店と1種類しかない修理店があります。

有機ELパネルは元々iPhoneXS購入時に付いているフロントパネルと同じディスプレイとなっており

綺麗な発色をすると言われています。

液晶パネルは聞き覚えのある言葉だと思いますが、価格帯としてはやはり有機ELパネル(OLEDパネル)の方が

高くなってしまいます。

その分綺麗な映像や画像を楽しめるのですが、正直お客様の中にはそこをまず重要視していない方もおられたり、

違いがわからないという方もおられます。

その修理店のホームページに記載されている修理価格は有機ELパネルなのか液晶パネルなのかを確認しておきましょう。

3.税込価格表示なのか税抜き価格表示なのか

これは消費税率が上がっている今、価格の差が顕著に現れてくる部分です。

 

この3点が修理店での価格の大きな違いかと思われます。

1点目はみなさまおおよそ予想通りかと思いますが、2点目のパネルの違いはあまり考えられる方はいなかったのでは

ないでしょうか。

この3点に気をつけてホームページの価格帯を参考にし、修理店のお店選びをしてみてはいかがでしょうか。

それでは、大阪駅周辺の スマホの修理屋さん スマフォドクター梅田点でした。