こんばんは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

本日は、iPad pro 12.9インチバッテリー交換修理のご依頼を頂きました。

ご予約をいただいておらず、在庫がない場合がありますのでiPadのバッテリーや画面、液晶交換の際などは

ご予約をいただいていた方がいいかもしれません。

ところで!

iPhone 12シリーズが2020年10月14日午前2時(日本時間)のApple Eventで発表されましたね。

 

 

iPhone 12 mini
iPhone 12
iPhone 12 Pro
iPhone 12 Pro Maxの4モデルが公開されましたね。

4モデル展開はiPhone史上最多となり、

5G対応にもなっておりますので非常に注目を集めていますよね。

今回はiPhone 12シリーズの発売日や価格、スペックなど最新情報をご紹介していきたいと思います。

まず気になるのはスペックよりも価格です。

個人的にもここを突破しないことにはどんなに高スペックであっても手が出せませんからね。汗

価格はこちらです!

機種 64GB   128GB 256GB
iPhone 12 mini   74,800円 79,800円 90,800円
iPhone 12   85,800円 90,800円 101,800円

機種 128GB 256GB 512GB
iPhone 12 Pro    106,800円 117,800円 139,800円
iPhone 12 Pro Max 117,800円 128,800円 150,800円

まあ最近の流れならこんな感じかといった具合ですが、

2019年発売のiPhone 11シリーズが7万円〜16万円前後だったので、やや値下げされたようです。

2019年10月に端末の割引上限が2万円になって以降、ハイエンドモデルよりもコストパフォーマンスの高いスマホのトレンドができつつあります。

加えて、2020年4月のiPhone SE(第2世代)がiPhone史上最安だったことから、iPhone 12シリーズも低価格なiPhone 12 mini/Proに人気が集まりそうです。

iPhone12/12 miniのスペック

モデル      iPhone12    iPhone12 mini
ディスプレイ 6.1インチ    5.4インチ
サイズ     高さ:146.7mm 高さ:131.5mm
幅:71.5mm 幅:64.2mm
厚さ:7.4mm 厚さ:7.4mm
重さ:162 g    重さ:133 g
アウトカメラ 12MP
デュアルレンズカメラ
インカメラ 12MP
ROM 64GB/128GB/256GB
CPU A14 Bionic
OS iOS 14
認証 Face ID
カラー ブラック・ホワイト・(PRODUCT)RED・グリーン・ブルー
5G対応 ○/Sub 6GHz

 

iPhone12 Pro/12 Pro Max

モデル iPhone12 Pro iPhone12 Pro Max
ディスプレイ 6.1インチ 6.7インチ
サイズ 高さ:146.7mm 高さ:160.8mm
幅:71.5mm 幅:78.1mm
厚さ:7.4mm 厚さ:7.4mm
重さ:187 g 重さ:226 g
アウトカメラ 12MP
トリプルレンズカメラ
LiDARスキャナ
インカメラ 12MP
ROM 128GB/256GB/512GB
CPU A14 Bionic
OS iOS 14
認証 Face ID
カラー シルバー・グラファイト・ゴールド・パシフィックブルー
5G対応 ○/Sub 6GHz

最も注目する点はデザインの一新と5G対応でしょうか。

さらにiPhone12シリーズはディスプレイが全てSuper Retina XDRになりました。

つまり全ラインナップが有機ELになったということですね。

ここまでで気付いた方も多いでしょうが、12と12 Proの大きな違いはカメラの数とLiDARスキャナの有無です。

iPhone12とiPhone12 Proの選ぶ際にはこの2点が重要なポイントになりそうです。

iPhone12はカメラは標準モデルはデュアル、iPhone12 Proモデルはトリプル+LiDARスキャナです。

画素数は1,200万画素。

iPhone11から変化は無し。まあ十分な画質ではありますので次回に期待ですね。

またiPhone12 Pro Maxは全てのモデルの中で最も優秀なカメラを搭載しています。

iPhone12 Proシリーズにはナイトモードポートレートに対応しています。

またApple ProRAWという現像ソフトが使えるのもProシリーズの強みです。

毎回期待を裏切らないiPhoneシリーズですが次に出る時にはどんな進化が待っているのでしょうか。

それでは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。