こんにちは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

本日は、Samsung Galaxy A30の水没修理の修理途中経過ブログです。

お客様の端末はトイレで水没させてしまったようで電源が入り最初のロゴマークは表示されるのですが

そこから起動に至らないという症状です。

水没修理ではパーツの交換を試み、クリーニングも行っていきます。

まずは端末を開いて中野水没状況を確認していきます。

Samsung Galaxy A30はまず背面からアクセスして端末を分解します。

背面のパネルが粘着テープでくっついているものですのでヒートガンで温めてから・・・・。

というのは禁物です。

Galaxy A30は温めすぎると背面のカラーシートが剥がれてしまい、デザインを損ねてしまいます。

今回は温めずにゆっくりと粘着を剥がしていきましょう。

背面パネルが開いたら基板とバックカバーを繋いでいるネジを全て外します。

こちらには隠しネジがあるので注意しましょう。

ネジを全て外したらフレームと基板を切り離します。

ここはツメで引っかかっています。

基板を傷つけない様に取り外します。

では基板も取り外し水没状況を確認します。

最近水没させてしまっていたということですが、端末内部には水滴などはありません。

しかし基板の上のチップに白い腐食痕がありかなり進行しているのは目視で確認できるレベルです。

一度全体的に乾燥をかけて一度起動します。

・・・。全く同じ症状です。

ではバッテリーと充電部分のコネクタを新しいパーツに取り替えて電源を入れてみます。

・・・。

やはりこれも同じ状態です。

次にできることは基板の洗浄です。

基板を洗浄し、乾かしてから動作の確認を行ってみます。

現状、途中までのブログとなりましたが、水没修理は故障内容や原因が特定しづらい修理となります。

時間はかかりますが復旧する可能性も0ではありませんので、

皆様も水没された端末があればご相談くださいませ。

 

 

それでは大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。