こばんは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

本日はバッテリー交換ご希望のお客様の記事を書いていきます。

お客様のiPhoneXSはバッテリーの持ちが悪いということと、突然に電源が消えてしまうということ。

この2点が症状としてあるようです。

おそらくバッテリー交換で復旧可能だろうと見て修理していきます。

しかしながら以前似たような症状のiPhone6Sのお客様がご来店された時のお話をしておきます。

以前ご来店されたお客様は冒頭に紹介したiPhoneXSの症状と似ている状態に陥り、

夜寝る前に充電器を挿して充電していても朝になったら電源が落ちていたりすることが多々あったようでした。

その時もお客様はバッテリーが原因だろうから交換してほしいとのことでした。

ですのでバッテリー交換を行ったのですが、翌日には再度同じ症状に陥ってしまったのです。

当店では万が一のため初期不良の保障を行なっておりますので再度他のバッテリーに交換してみました。

しかし症状は改善されず。

そのお客様はiOS14.1のアップデートを行なっており

当社でお調べしたところそういった症状に陥る方が少なくともおられる状況でした。

端末自体には水没の痕など目立った損傷などもありませんでしたのでハードウェアの問題ではなさそうです。

基板側のバッテリーのコネクタが損傷していた場合、充電すら受け付けなくなってしまうことがほとんどです。

そのお客様は充電はできています、が

「たまにこのアクセサリは使用できません」といったメッセージが表示されます。

充電部分のライトニングコネクタも問題がありませんでしたので、もしかするとシステムのエラーの可能性がありました。

しかしながらお客様は事情がありバックアップから復元をしたくないとのこと。

システム改善を試みるには復元作業は大事になてきます。

それができませんので次にできることはiOSのアップデートを待つしかないような状態となりました。

このように一見バッテリー交換修理で治りそうな症状でも複雑なシステムに部分に原因があったりする場合もあるのです。

今回のiPhponeXSのお客様は問題なく修理をおえ、動作確認は¥にも問題がありませんでした。

この後の経過を見ていただく形でお返しとなりました。

それでは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。