こんばんは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

本日はiPhone8バッテリー交換修理ブログを書いていきます。

 

 

お客様のiPhoneのバッテリーは最大容量が70パーセント代にまで劣化しています。

リチウムバッテリーはイオンがプラス極とマイナス極間の移動で、充電や放電を行います。

イオンが動かなくなるといわゆる、「バッテリーが最大容量が減った」と言えるでしょう。

ちなみにバッテリーから何かが減ることはありませんので「バッテリーが減る」という言い回しは正しくはないですが・・・。

まあいいでしょう。

今回はバッテリー交換に15分程度、修理後の動作チェックも行います。

修理前に動作チェックを行ったところ、イヤースピーカーからの音が著しく小さく故障している様でしたが

お客様はBluetoothイヤホンで電話をしているので今回はそのままでということになりましたが、

実際iPhone8のイヤースピーカーは電話の時以外でもイヤースピーカーから音が鳴ります。

youtubeを見ている時も電話の着信がなった時も、アラームがなった時も画面上部のスピーカーから音が出ているのです。

水没の可能性もありましたが、中は特に水没の痕はありませんでした。

その他は問題がありませんでしたのでお返しとなります。

それでは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。