こんばんは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

本日はiPhone11Proのカメラ交換、レンズ交換修理ブログを書いていきます。

 

 

お客様のiPhone11Proはリアカメラレンズ、いわゆる背面のカメラのレンズが割れてしまっていてバキバキ・・・。

というよりもほとんどレンズがないような状態です。

つまりカメラがむき出し状態になっているために埃や割れたガラスの破片がカメラ本体に付着しています。

こういった汚れや割れたガラスの破片、埃などはクリーニングするのにも限界があり

完全に元の綺麗なカメラ撮影を行うには厳しいです。

ですので今回お客様はクリーニングではなくカメラ自体の交換とカメラレンズの交換をご希望されました。

早速交換していきます。

と、その前にお客様のiPhone11Proはフロントパネルもバキバキに割れています。

こう言った場合、修理工程のはじめの段階でフロントパネルを取り外してからの修理となるため

割れがひどくなってしまうケースもありますのでお客様にはご説明しておきました。

さて、フロントパネルは問題なく取り外し、基板からカメラを取り外します。

一応カメラの挙動を確かめ、次にリアカメラレンズを取り付けます。

カメラレンズはほぼないような状態ではありますが、綺麗な交換用のレンズがフレームの歪みにより取り付けできません。

ですので取り付け前にフレームを矯正していきます。

今回は新しいレンズ自体の取り付けがフレームの歪みによって不可能なわけですが、

仮に取り付け可能な状態であってもフレームの歪みや、打痕のギザギザとした部分が残っているままだと

新しいレンズがすぐに割れたりぽろっと取れてしまったり・・・。

こう言ったことを防ぐためにフレームと調整していきます。

さて、問題なく終わりレンズを取り付けてカメラのチェックをします。

先ほどまであったカメラ撮影時のぼやけた部分や埃のような影はありません。

入念にチェックしますがお客様にもしっかり確認していただきお返しとなりました。

それでは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。