こんばんは、大阪駅周辺のスマホの修理売り屋さん スマフォドクター梅田店です。

本日は以前ブログにも書いていたiPod classicのイヤホンジャック交換とバッテリー交換修理ブログです。

現在iPod classicの修理は基本的に修理受付しておりません。ご了承ください。

このiPodは修理スタッフの友人のものでそもそも修理を現在受け付けていない理由は

価格の問題、フレームの修理痕が残ってしまう問題。などがあります。

友人にはその辺OKいただきましたので訓練ついでに預かって修理という流れになりました。

前回は分解まで行いパーツの入荷待ちとなっていましたがイヤホンジャックのパーツとバッテリーが届きました!

長かった・・・。

海外からの仕入れですので時間はかかってしまいましたがさて、パーツ交換で直るのかといったところです。

まずはイヤホンジャックの取り付け、次にバッテリー。

フロントパネルは開いたままですが動作のチェックを行います。

電源起動!

よし、問題なし。

イヤホンジャックは前回イヤホンからの音が右耳からしか聞こえないという問題でしたが

パーツの交換を行うと問題なく両方からステレオで音楽が流れています。

動作確認を終えフロントパネルを閉じます。

しかしここで問題発生です。

なかなかフロントパネルがボディにハマってくれません。

最初に挙げていたiPod classicの取り扱いを行っていない点。

フレームに修理痕が残ってしまう(傷やフレームが歪んでしまう)部分。

これによってフロントパネルが閉じないのかと思っていましたが・・・。

実際にはそうではなく色々確認してみると

バッテリーが若干膨張しているような感じ・・。

つまりバッテリーが大きすぎてフロントパネルが閉じないということがわかりました。

あくまでも海外製のコピーバッテリーですので期待はしていませんでしたが。

おそらくiPodの修理需要が減ってきている中で少し古いバッテリー在庫が届いてしまったのではないかと予想しました。

まぁ、こういった問題もあり今では修理受付をしておりません。泣

現在取り扱っているその他の機種、その他の修理パーツは安定しておりますのでご安心くださいませ。

実際古い機種だと時代の流れでパーツの製造にも色々あるよねー・・・。なんて

一旦友人には別のバッテリーを取り寄せて修理するということで了承してもらいました。

ごめんねぇーーー・・。

しかし今いろんなデバイスが出てきている中でこういった古い機種の修理経験。

イレギュラーな部分も含めて勉強できたのには感謝です。

iPod classicも修理内容や状況によっては対応できる部分もあるかもしれません

のでお困りの際はお気軽にご相談くださいませ。

それでは大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。