こんばんは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

本日はiPhone11のリアカメラレンズ交換修理ブログです。

お客様のiPhone11は背面の外カメラのレンズが割れています。

もしかするとカメラに割れた破片が入り込んでいるかもしれません。

チェックしていきましょう。

まずは、外カメラを起動します。・・・。まあレンズが割れているためなかなかしっかりと確認はできませんね・・・。

ではまず割れたレンズを取り外します。

レンズは外から外せる場合もありますがほとんどの場合、フロントパネルを開いて中からアクセスします。

基板からカメラを取り外し、内側からレンズを外します。

次に新しいレンズを取り付けするのですがここで注意。

割れた破片がレンズの取り付け部分に残ったままではしっかり新しいものが取り付けできません。

クリーニングしていきます。

これを怠ると次回割れやすくなったりもしますのでしっかりクリーニングします。

では新しいレンズを取り付けて外カメラを起動します。

一見きちんと写っているようですが、背景を真っ白なところに移すと白くもやのようなものが写り込んでいます。

次にカメラをクリーニングして見ます。

・・・

カメラをクリーニングしてもその白いもやは取り除くことができませんでした。

割れたガラスが付着して取れなくなってしまっているのか傷なのかといったところでしょう。

この場合はカメラを交換するほかありません。

交換後は問題なく綺麗に写すことができました。

今回のカメラ交換をしなければいけなかった原因は、カメラレンズが割れてからそのまま放置していたことが原因でしょう。

割れたまま使い続けることでどんどん割れがひどくなったり

ガラスの粉がカメラ本体に付着していきます。

定着してしまえば取り除くことが難しくなってしまうのです。

もしも心当たりのある方はカメラレンズが割れた場合、すぐに修理する事をお勧めいたします。

それでは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。