こんばんは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

最近はコロナ禍で暗いニュースばかりが連日続いていますね。

私は最近そんな流れを断ち切ってしまおうと自粛ムードの中、趣味だった映画鑑賞をもっと深く取り組んでいこうと

考えるようになりました。

基本的に暗めの映画が好みだったりもしたのですが今回を機に、明るい映画や子供向けのハッピーなCGアニメーション

の映画なども鑑賞してみる機会を設けたり。

いろんなジャンルの映画にチャレンジしてみようと考えたんです!

最近視聴しなおした「ミニオン」シリーズ!っとミニオンの話はまた次回。

今回は外出先で長時間スマホを使い映画を観よう!ということでバッテリーに関する内容をお伝えしますね!

本日はiPhone11のバッテリー交換修理ブログです。

最近iPhone11シリーズのバッテリー交換ご依頼が増えてきました。

発売から1年半ぐらいでしょうか、バッテリーの持ちが悪くなってきたという方が増えてきています。

それもそのはずiPhoneに搭載されているバッテリーはリチウムイオンバッテリーです。

リチウムイオンバッテリーはおおよそ600回のフル充電を繰り返すと劣化してくると言われています。

ここでいうフル充電とはなんでしょう。

それはバッテリー残量が0%の状態から100%まで充電して初めて1カウントするという意味合いです。

これを600回繰り返すと劣化してきます。

皆さんは毎日バッテリーをフル充電はするけれどバッテリーを0%まで使い切るということはそんなに頻繁にしないですよね。

ですので1年を365日。

フル充電は毎日行わないとすれば大体2年ぐらい使っていると劣化してくるということが予想できます。

まあ頻繁に使用してモバイルバテリーで2周3周充電する方はおそらくそろそろ交換時期かと思います。

バッテリーの現在のパフォーマンスを確認するには「設定」から「バッテリー」、「バッテリーの状態」をタップ

すると確認できます。

敏感な人バッテリーパフォーマンスがは90%を切ってくると充電の持ちが悪いなーと思うでしょう。

換えたい時が交換時期です!

バッテリーは消耗品ですので劣化するのは仕方がありません。

バッテリーの持ちが悪くなるのはiPhone11をしっかり使いこなして充実した毎日を過ごしているからです。

バッテリーを新しくすればまた購入当時の感覚で日々使えますので。

さっきも言ったように換えたい時が交換時期ですね!

最近ではバッテリー膨張が原因で画面を圧迫してしまうケースが新しい機種でも起こっております。

ひどくなれば画面が割れてしまうこともあります。

新しい機種だろうと使用状況によってはバッテリーの膨張は起こりうることなんですね。

なにか異変があった場合はすぐに修理店に出して点検してもらいましょう。