iPad第6世代のシステム復旧修理

こんばんはスマフォドクター梅田店です。

本日はiPad第6世代のシステム復旧修理を行いました。

症状としてはリンゴループ(正常に起動せずにリンゴマークがループ)

この場合はシステムクリーンアップを行います。

リンゴループの一番の原因はシステムアップデート最中にWi-Fiが切れてしまったり

電源が落ちてしまう事でエラーが発生しリンゴループに陥るケースが多いです。

通常起動するとき、iPad自体が確認事項をチェックしていき

そのチェックが終わったらしっかり起動して動かせるようになりますね。

リンゴループはエラーによってシステムがおかしくなり、起動時の確認事項を何度もなんどもチェックして

その作業が終わらない!というようなエラーと言えばいいでしょうか。

物理的な故障で起きるとすれば

ほとんどがバッテリーの劣化によるものです。

まず新しいバッテリーを取り付けて確認!と言いたいところですが

お客様はバックアップも取っていらしたのでPCにつないでの復元をするという流れとなりました。

修理痕が残らない方がいいですしパーツや作業の工数、時間を考えると復元をまず試すのがいいかもしれませんね。

PCでの復元作業はPCをお持ちの方でしたらどなたでもご自身でして頂けるので

もしも起こってしまった場合は一度自身で復元してみるのもお勧めです!

今回のようにお客様のPCではうまく復旧できなかったというケースもありますので

復旧不可だった場合はお気軽にご相談下さい。

お客様の使用状況やお使いのiosによっては当日ご返却が難しい場合も御座いますので

その点はご了承くださいませ。