こんばんは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

本日はiPhone11の背面ガラス修理のブログです。

お客様のiPhoneは背面が全体的に細かく割れていてガラスの破片がボロボロと落ちてくるほどです。

本体を裏向きにしたときの右上の部分が特にひどい割れをしており中身が見えてしまっています。

この箇所にはボリュームボタンやマナースイッチなど重要なパーツが密集しております。

ここまでの割れの酷さですとケーブルが断線してしまったり交換修理によって機能を失ってしまう危険性を

ご説明しました。

それでは修理していきます。

まずはフロントパネルを開いてバッテリーコネクタを抜きます。

次に基板や充電部分のライトニングコネクター、バイブレーションなどを取り外します。

カメラやその他スモールパーツも外していき

最終的にサイドのボタンのパーツやセンサー類も慎重に取り外していきます。

ここで背面ガラスの交換じゃないの?なんでパーツを全部取り外していくの?

と思われる方がいるかもしれません。

というのも背面ガラス修理といっても背面のガラスのみではなく、外側のフレームと背面のガラスが一体型のものを

交換していく修理となります。

つまりスマホの中身を新しいスマホのボディに移し替えるということですね。

言葉にすると簡単なのですが、全移植を行うためかなり時間がかかる修理となります。

おおよそ余裕を持って3~4時間みていただけるといいです。

パーツ在庫がなくなってしまうことが多い修理ですのでご要望の際はご予約をお勧めいたします。

今回のiPhone11はガラスの割れ具合から何か修理後に別の問題も発生しそうなぐらい

中のパーツの状況も良くなかったのですが

修理完了後は問題なく動作しています。

少し経過を見ていただいた方がいいですね。

それでは、スマフォドクター梅田店でした。