こんばんは、大阪駅周辺おスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

お家時間が多くなって来た昨今、家でゲームをする機会が増えた方は多いと思います。

私は家庭用ゲーム機のPlayStation4で遊ぶことがほとんどです。

しかし最近ゲームをする時間が増えたせいかコントローラーの消耗が激しく

一部の操作に不満を持つことが多くなりました。

それは右スティック操作を行っていないのにも関わらず、右スティックが左に入力されていることになってしまう症状です。

例えばゲーム中にキャラクターを左スティックで移動させて、右スティックでキャラクターの向きを変える時、

左スティックを前に倒して、キャラクターを前に進ませているだけなのに

少しひだりにカーブするようにキャラクターが移動してしまうんです。

もちろんコントエローラーの右スティックは触っておらず、ニュートラルのままです。

こういった症状の際に有効な方法を調べたところ、修理をする前に試した方がいい改善策があるようでしたので

ご紹介します。

じゃあとりあえずそのコントローラーのリフレッシュ方法を書きます。

まずはコントローラーの背面にある小さい穴、リセットボタンを押してコントローラーをリセットします。

次に左スティックと右スティックを同時に押し込み、押し込んだまま30秒。

そして時計回りに左スティックと右スティックを同時に計5周ぐるぐると回します。

今度は逆に反時計回りに左スティックと右スティックを同時に計5周回します。

最後に再度、左スティックと右スティックを同時に押し込んだまま30秒。

これで完了です。

スティックの誤動作などに有効だということでしたが自分のコントローラーは果たして・・・・。

結果から言えばダメでした、残念。

修理する前段階でこの工程をふめば修復する可能性もあるということでしたが

もうこのコントローラーは修理するしかなさそうですね。

次回は分解し、スティック交換ではなく接点復活剤を直接可動域の部分にスプレーしてみて挙動を確認してみます。

それでは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。