iOS14の知らなかったiPhone新機能

こんばんは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

さあiPhone12シリーズが発売されてから数週間が経ちましたが、購入された方はおられますか?

今回はiPhone12の発売と同時に公式で実装されたiOS14の新機能や使い方をご紹介していきます。

まず今回のアップデートで私が個人的に一番実用的だなと思うものをご紹介いたします。

それはと言うと

背面タップで様々な操作ができる「Back Tap 」機能です!

この新機能は、iOS 14のユーザーがiOSデバイスの背面をタップすることで、カスタム機能にアクセスできるようにするものです。

背面タップが可能な機種はこちらです。
・iPhone 12シリーズ
・iPhone SE(第2世代)
・iPhone 11 シリーズ
・iPhone XS / XS Max / XR
・iPhone X
・iPhone 8 / 8 Plus

要は本体の背面がガラス製になってからの機種は対応可能ということですね。

以前は非接触充電のための背面ガラス!といった印象でしたが

今回の大型アップデートによりさらに便利になりましたね。

それでは、その背面タップ「Back Tap」はどのようなことができるの?というところに触れていきましょう。

背面タップ機能はiPhoneの背面をダブルタップまたはトリプルタップして、クイックアクションを実行できます。

背面タップ 機能では、Apple Music、Siriのショートカット、スクリーンショットなど、

多くのアプリにショートカットを割り当てることができます。

さらに、背面タップ機能では、運動能力の低いユーザーのためのアクセシビリティ機能も兼ねています。

手の小さい女性にも便利な機能と言えますね。

背面タップはiOS 14で利用できます、iOS 14を既にインストールしている場合は、以下の手順に従って背面タップ機能を有効にします。

 

ホーム画面から「設定」をタップ

 

画面を下にスクロールしていき「アクセシビリティ」をタップ

 

「タッチ」をタップ

 

画面最下部の「背面タップ」をタップ

 

ダブルタップ・トリプルタップ

 

ダブルタップ・トリプルタップ操作の割り当て

あとはダブルタップ操作をしてどのような操作をするのかを選択するだけです。

つまりPCのキーボードで言うところのショートカットキーですね。

女性ですと手のサイズが小さくボリュームボタンなどの物理ボタンを押すのが大変だと言う方々がおられますが、

この「Back Tap」機能を使えば楽々音量の上げ下げ調整が可能ですね!

最近の端末ではホームボタンが廃止されていますので、ホーム画面に戻るときの下からスワイプ操作が馴染まないと言う方が多くおられます。

そういった方は画像の通り、ダブルタップでホーム画面に戻れるように設定するもよし!

トリプルタップには画面ロックを割り当てるもよし!

 

ダブルタップまたはトリプルタップしたときに起動するアプリ/機能を設定することもできますし、

興味深いことに、この機能はケースを装着した状態でも動作します。

iPhone11Pro MAXのような本体が少し大きい端末などはその大きさ故に操作しづらい

スクリーンショットを割り当てるのがお勧めですよ!

ちなみにiPhoneがロックされている場合に誤って背面タップをしてしまっても、この機能は反応しません。

いかがだったでしょうか?

意外と知らない便利機能。皆様も今日から自分のiPhoneで試して見てはいかがですか?

スマフォドクター梅田店ではこういった便利機能の紹介や修理のブログを今後もどんどん更新していきます。

iPhoneのバッテリー即日交換修理や画面即日交換修理はもちろん。iPadの修理などもご対応可能です。

それでは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。

 

iPhoneXsでリンゴループを復旧(エラーコード9)

ソフトウェアのアップデートの失敗や、突然のシステムエラーでiPhoneXsがりんごループになってしまう時でも諦めずにご依頼ください。

原因によっては復旧できる可能性がまだまだ残っております。

本日ご紹介の状況はフリーズ後再起動してもりんごループになってしまう症状でした。

バッテリーと本体システムの兼ね合いが原因で症状が出てしまっており、Macと接続してのアップデートでも

アップデートが途中で止まりエラーコード9が出てしまいました。

そのまま復元が必要になることもありますが、バッテリーの不具合の場合データを残せることもあるため

バッテリーを交換しての際アップデートで改善いたしました。

iPhoneのりんごループには様々な要因があるので、突然起きても大丈夫なようにiCloudなどのバックアップ、

LINEのバックアップは自動で行うように設定しておくことをお勧めいたします!

iPhoneX 背面ガラス破損修理

iPhoneX 背面ガラス破損修理

皆さんこんにちは、こんばんわ、お疲れ様です!
スマフォドクター梅田店です。

本日はiPhoneXの背面ガラス割れの交換修理を担当させて頂きました。

iPhoneXの背面は非接触充電を採用させるために強化ガラスを背面パネル

に採用しておりガラスでできているが故に落下させてしまったときに

割れてしまい指を怪我したり穴が開いてしまったりという不具合が起きてしまいます。

基本的に背面ガラスは強力に圧着されており、剥がすことができないものなので

背面ガラスのみの交換修理を請け負っている業者さんは少ないと思います。

当店では背面ガラスのみではなく背面ガラス付きのフレームごと交換という形で

ガラスの交換を行っています。

使用するパーツは純正iPhoneから部品を取り外したもので

再利用品にはなりますが高品質のパーツ(傷がほとんどないもの)なのでご安心下さい。

基板やカメラ等細かいパーツを全部載せ替えるので背面ガラスの交換は2~3時間程掛かりますので

事前にご予約していただくか時間に余裕のある時にお持ち込み頂くことをお勧め致します。

背面ガラスを修理するだけでこんなにも綺麗になるんです!

XやXSをお使いの方へ、まだまだ現役機種なので背面ガラス交換を是非お勧めします!

大阪駅周辺の町のスマホ修理屋さん スマフォドクター梅田店

 

 

iPhone7,iPhone8,iPhoneSE(2020)見分け方

こんばんは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

本日はiPhone8の画面交換修理のブログを書いていきます。

iPhone8はiPhone7と違い、背面がガラスパネルとなっております。

それによって背面からの非接触充電が可能となっている端末です。

iPhone8はiPhone7とサイズ感がほぼ同じでiPhoneX以降のホームボタンのない機種とは少しサイズ感が違います。

最近発売されたiPhoneSEともサイズ感は似ています。

修理の際のご予約の際など、自分の端末が何の機種なのかを把握しないといけない場合の見分け方をお教えいたします。

まずiPhone7とiPhone8,SE(2020)の違いは背面がガラスかどうか、です。

iPhone7の場合だとフレームと背面は同じ素材でできています。

iPhone8,iPhoneSE(2020)は背面パネルがガラスでできています。

では、背面がガラスパネル同士のiPhone8とiPhoneSE(2020)の見分け方はと言うと

背面にあるアップルマークロゴの位置をご確認ください。

 

 

アップルのロゴが上の方に配置されているものがiPhone8、

アップルのロゴが真ん中に配置されているものがiPhoneSE(2020)となります。

これであなたも見分けられるようになりましたね!

これが見分けられず、自分が使用している端末の機種名を誤っていると修理に出す際にデメリットが生じてしまいます。

例えば、自分が使っている機種がiPhoneSE(2020)だったのにも関わらず、

ご自身はiPhone8を使っているという誤った認識でいた場合。

修理店に修理を依頼するときに間違った端末の修理予約を入れてしまって

いざ、店頭にて修理に出したときにiPhoneSE(2020)の在庫が切れてしまっている!なんてことも考えられますよね。

修理のさいに在庫がなければ、また入荷するまで待たなければならない。

修理するためにまた修理店へと足を運ばなければならない、二度手間ですよね。

そういったことを避けるためにもご自身で使っている機種の名前はしっかりと把握しておきましょう。

今回の修理はiPhone8の画面交換修理で修理時間20分程度。

修理後には動作確認をしっかり行いご返却となりました。

ごく稀に自分で使っている端末の機種がわからない方がおられますので

修理の際はこのブログを参考にしていただければなと思います。

それでは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。

iPhone水没注意

こんばんは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

海、川、バーベキュー みなさま夏は満喫しているのでしょうか。

このコロナがはびこる中でなかなか遊びにはいかないかもしれませんが

三密を防ぎつつ、賢く遊んでいる方々はいるでしょう。

水遊びをしていればiPhone、スマホの水没する危険性が上がります!

ここで1つ豆知識を。

 

 

みなさんはiPhoneを修理に出したことはありませんか?

iPhoneの画面が割れたり、バッテリー交換、充電器部分の故障などで修理店に出した場合

基本的な修理は画面を開いて修理しますよね

この画面を開く工程を通ると、耐水性が落ちてしまいます。

これはなぜか・・・。

iPhoneの画面は2つのネジ、そしてツメ、最後に粘着テープ。

この3つで基本的に固定されています。

画面を開く修理工程は、まず2つのネジを外し、

粘着テープを剥がしながらツメを外します。

この粘着テープが耐水性能に深く関わっているために修理に出すと耐水性が落ちてしまうのです。

厳密に言えば粘着テープを完全に剥がして取り外すわけではありません。

一度画面を開くと粘着力が弱まると言った方が正しいかもしれません。

この粘着の弱まった隙間から水分が入り込み水没してしまう危険性が高まると言うことですね。

ちなみに一度も修理をしていないiPhoneでも画面にヒビや割れがあると、

その隙間から水没してしまうこともあるので十分注意しましょう。

もちろんお風呂での使用は厳禁です。

絶対にやめておきましょう。

水蒸気は電話をする際のイヤースピーカーの穴の部分からも入り込んでしまいます。

一度も修理をしていなくとも水没してしまうことが多いのです。

気をつけましょう。

iPhoneは夏場に水没修理件数が格段に増えます。

みなさんやはり耐水性を過信しすぎている部分があるようですが

なるべく水と電子機器は離して使いましょう。

やっぱり長持ちする端末が一番いいですよね!

それでは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。

新型コロナウイルスによる対応についてのご案内

こんばんは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

【新型コロナウイルスへの対応に関するご案内】

2020/04/07から大阪府を含む7都道府県で緊急事態宣言が発令されました。

・店頭対応について
当店におきましてもマスク着用、定期的な換気および次亜塩素酸水、アルコール類による店内消毒を行っております。
スタッフおよび、ご来店のお客様同士での感染防止のため「受付及びお引き渡し」を除き、店内でお待ち頂く事ができなくなっております
店頭での不要な接触を避けるため、ご来店の際はご予約またはお電話/LINEなどでお問い合わせくださいませ。

・その他修理について
緊急事態の中、スマートフォン・タブレットなど連絡を取り合ったり情報を得たりと今では必要不可欠なものとなっています。
外出自粛のなかでも修理サービスをご利用いただけるよう、郵送修理の取り扱いもございますのでご活用ください。

・店舗営業に関して
行政や自治体、テナントの指示、感染状況の拡大を考慮して当店の判断にて、時間短縮営業や休業となる場合がございます。
急遽、短縮営業となる場合は、HPまたはSNSにてお知らせいたします。
ご不便ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解頂きますようお願い申し上げます。

他の修理店様がなかなか稼働していない状況ですがスマートフォンは毎日使うものです。

それが故障となった場合やっぱりすぐに修理しておきたいというのが本音です。

なるべくお客様に配慮してなおかつ毎日使うスマートフォン・タブレットの修理を迅速に

行います。

もちろんガラスコーティングなどのサービスもそのまま継続しております。

外出を避けたいお客様には郵送修理サービスをご活用していただくことも可能です。

何かお困りの際、小さなことでも構いません。

お電話、メール、オフィシャルLINEでのご相談も承っておりますのでお気軽にご相談ください。

公式ツイッター、公式インスタグラム等もございます。

それでは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。