iPhoneSE2020背面ガラス交換修理

こんばんは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

本日はiPhoneSE2020の背面ガラス交換修理ブログです。

お客さまのiPhoneSE2020は背面のガラスに亀裂が入っており

ガラスの破片がポロポロと落ちてくるぐらいです。

なかなかこのままでは置いておけません、怪我をしてしまう場合もありますからね。

早めの修理をしていきましょう。

それではまず画面を開き中の状態を確認してみます。

水没等はなく綺麗です。

若干ネジが緩んでいるところはありますが問題なさそうです。

この背面が割れているだけでも水没してしまう可能性はありますので

割れたままでお風呂での使用などは絶対にやめておきましょう。

よく袋やジップロックに入れて湯船に浸かりながら動画を見るという方がいますが、

それでもお風呂では水蒸気、袋の中でも水滴や水蒸気が発生してしまい水没しますので

必ずお風呂では使用しないほうがいいです。

ネジの緩み等は実は修理履歴のない端末でもよくありますのでひどくなければ

特にきにすることはないかと思います。

次に基板やその他の小さなパーツまで全てを新しいボディフレームに載せ替えるという作業です。

背面ガラス交換といっても背面のガラスだけを付け替えるという修理ではありません

ですので所要時間は3〜4時間程度見ておいてください。

修理後の動作確認も入念に行いお返しとなります。

それでは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。

iPhone11pro水没修理

こんばんは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

以前あったiPhone11proの水没修理ブログです。

お客様のiPhone11proは本体がかなり水没しており、液晶表示はありますが

タッチ操作ができない状態です。

画面交換等で修理可能かどうかですが端末が水没している以上、今後長く使えるかわかりません。

もちろん水没の度合いなどにもよりますので諦めず修理してみましょう。

この端末は水没がひどく画面もかなり水没しています。

本体を乾燥させて画面交換を行ったところ動作するようになりました。

しかし、後日またタッチがおかしくなったとのことです。

ゴーストタッチ、充電部分の接触不良。

水没端末はコネクタ腐食などによって接触不良が起こりやすいですので水没端末修理後はお早めにバックアップをお勧めいたします。

水没端末の場合は残念ながら保障期間を設けておりませんのでお気をつけくださいませ。

それでは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。

iPhoneXSMAX画面交換修理

こんばんは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

本日はiPhoneXS MAXの画面交換修理ブログです。

お客様のiPhoneXS MAXは画面が割れているわけではありませんが有機ELの表示がありません。

落下させてしまってから画面に縦線が入ったことは確認した様ですが。

その後気がついた時には全く画面が映らない状態に陥ったそうです。

電話の際の音は聞こえるので本体自体は大丈夫であろうと予想します。

それでは修理していきます。

お客様はこの端末を他店舗で何度か修理したことがあるそうで

現在取り付けてあるパネルも純正パネルではないそうです。

フレームには若干だ今夜凹みがあります。

新しいパネルがボディに取り付けられるか心配ですがやっていきます。

画面交換後は問題なく画面表示をしてくれています。

あとはボディにしっかり取り付けできるかですね。

若干のへこみですがボディに画面をはめ込むには少し負荷をかけないといけないような状態。

このままでも取り付けはできるのですが、次回落とした時の画面の割れやすさが心配です。

圧力を少しでも軽減できるようにボディの凹みを修正します。

完璧に修正することは不可能ですが、画面への圧力を多少なりとも軽減できたでしょう。

再度、ボディに画面をはめ込んでみるとすんなり取り付けできるようになりました。

それでは大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。

iPhone11バッテリー交換修理

こんばんは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

本日はiPhone11のバッテリー交換修理ブログです。

客様のiPhone11はバッテリーの最大容量が85パーセントでかなり消耗しています。

バッテリー最大容量は設定からバッテリーの詳細を見ていただければと思います。

バッテリーの交換時間はおよそ20分~30分ほどみていただくといいでしょう。

ちなみにiPhoneのバッテリーの寿命ってどのぐらいかご存知ですか?

iPhoneのリチウムバッテリーは大体600回のフル充電を繰り返すと劣化してくると言われています。

フル充電というのは0%〜100%まで充電をすることを指しますので大体、2年ちょっと使うと交換時期かもしれませんね。

しかし1日でバッテリーを使い果たして空っぽの0%から充電する人は少ないでしょうが

ゲームをたくさんしたり動画をみたりマップアプリを頻繁に使う方は

バッテリー最大容量は他の方より落ちてくる傾向にあります。

簡単にいえばたくさんiPhone11を使用するとその分早く電池も弱っちゃうよ!ということですね!

それでは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。

AQUOS R SHV39 | SH-03J | 605SHのバッテリー交換修理

こんばんは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

本日はなかなか修理受付をしていない

AQUOS R SHV39 | SH-03J | 605SHのバッテリー交換修理ブログを書いていきます。

 

 

販売元のキャリアによって機種の呼び名が変わって来ます。

まずは、AQUOS R SHV39 という機種名のこちら。

こちらはAUから購入した端末の呼び名です。

そして docomoからは AQUOS R SH-03J 。

最後に softbankからは AQUOS R 605SH という呼び名となります。

意外と自分が使っている機種を覚えていない方もおおいのでこのブログで確認してくださいね。

それではまず、なぜAQUOSのスマートフォンは修理受付している店舗が少ないの?

という部分に触れていきましょう。

答えは簡単です。

単純にパーツが入りにくい・・・。

ただそれだけです。

パーツが入りにくい=手に入れるにもパーツ費用も上がって来ますので

自然と修理代金も上がって来てしまいます。

そもそもなかなかパーツが入らない機種ですがタイミングによってはパーツが入ってくることがあります。

今回はそんなラッキーなお客様の

AQUOS R SHV39 | SH-03J | 605SHのバッテリー交換修理を行いました。

修理は基本的に1日お預かりとなります。

AQUOS R SHV39 | SH-03J | 605SHのメーカー修理に出したいけど時間やお見積もり、

なかなか折り合いがつかないという方は一度ご相談くださいませ。

現在、こちらの機種は在庫が残りわずかですがございます。(2021/07/25現在)

もしもこのブログをお読みになった方はお電話にて確認していただければと思います。

それでは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。

MacbookPro2015バッテリー交換

おはようございます、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

エアコンをつけないとやってられないような暑さです!ついに夏がやって来ました。

夏といえばPCやゲーム機の敵!

ファンの音がうるさくなっちゃいますよね。

そう考えるとPCやゲーム機なども夏の暑さにバテているんだろうなと思っちゃいますね。

さあ、今回はMac book pro2015年モデルのバッテリー交換修理ブログです。

お客様のMac book proはバッテリーが膨張してしまい、バックパネルを押し上げてしまうほど

中から圧力がかかっている状態です。

一度メーカーで修理経験があるようですが、今回のバッテリー膨張をするには数週間預かりになってしまうとのことでした。

こんかいスマフォドクターは即日修理対応可能だったため当店を選んでいただきました。

しかしながらみてくださいこのバッテリーの膨張を。

写真でもわかるぐらい膨らんでいますね。

実際に見るともっと膨らんでいるように見えます。

このMac book proはバッテリーが粘着で固定されているタイプとなっており

これを剥がす際に接着を弱める液体を使ったりするのですが

多少なりとも負荷をかけながら剥がしていく部分もありますので慎重に作業していきます。

このブログを書いている現段階では、作業中ですが思いの外バッテリー膨張が進んでいるため

バッテリーについている粘着が少し剥がれているようです。

もしかすると早めに修理が終わるかもしれません。

しかし修理も大切ですが修理完了後の動作確認も重要ですので、今回もしっかりと最後まで修理、確認作業を

行っていきます。

それでは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。