iPhone6sの水没復旧修理いたしました|スマフォドクター梅田店|

皆さんこんにちは、こんばんは、お疲れ様です。
スマフォドクター梅田店です。

本日はiPhone6sの水没復旧修理を担当させて頂きました。

iPhone6sの水没復旧ですがお持ち込みになられた時点で水没から半年以上が

経っておりうんともすんとも言わない状況でした、、、。

電源ケーブルを差し込むとうっすらとバックライトが光りましたが

表示・操作の機能は確認できませんでした。

基本的には水没修理の場合、基板のクリーニング、画面とバッテリーの交換で

復旧する事が多いのですが、今回は充電口(ライトニングコネクタ)の部分も腐食しており

通電はしているようなのですが充電ができなかった為パーツ交換をさせて頂きました。

電源ボタンも効かなくなっていましたが、スマホを新規購入し水没した端末のデータが欲しい

との事でしたので電源ボタンは修理せずにアクセシビリティタッチでの操作を助言致しました。

今回のケースでは水没から半年以上経っているのにも関わらず復旧に至りましたが

基本的に水没復旧修理は水没から時間が経っていない方が復旧率が高いので

もしもお持ちの端末を水没させてしまった場合は出来るだけ早く修理・点検にお持ちくださいね。

大阪駅周辺の町のスマホ修理屋さん スマフォドクター梅田店

iPhone6sの水没復旧修理|スマフォドクター梅田店|

iPhone6sの水没復旧修理|スマフォドクター梅田店|

皆さんこんにちは、こんばんは、お疲れ様です。
スマフォドクター梅田店です。

本日はiPhone6sの水没復旧修理を担当させて頂きました。

基本的にiPhoneの水没修理は夏場の方が多いのですが、

普段の生活環境のなかに水場がある以上、水没の危険性はつきものですよね、、。

今回のiPhone6sの水没もお子様が音楽をかけながら洗面台を落としてしまったしまったようで

iPhone6sという事もあり、かなりの量の水分が機体内部に侵入してしまったようです。

特に機体上部の腐食が激しく、機体上部はアウトカメラやフロントパネルの

コネクタと基板との接点が集中している個所でもあるので腐食やショートが激しいと

中々復旧が難しい個所でもあります。

今回は水没してからいきなりブラックアウトしうんともすんとも言わなくなった所からの

修理でしたので復旧率は大体50%程といったところでしょうか。

水没した翌日にお持ち込み頂いたので何とかたちあがる所までは復旧し

無事にデータのバックアップ取れるようになりました。

残念ながらアウトカメラの接点はショートが酷く復旧には至りませんでした。

データのバックアップがPCやクラウドにあるお客様は中古の端末を買う選択肢もありますが

データのバックアップが取れていない方にはまずは水没端末の復旧をチャレンジして頂くことを

お勧めします。 近年スマートフォンは大切な方との思い出の写真や、取引先のかたの連絡先など

自分の分身と言っても過言ではない程の情報が詰まっています。

これのブログを機に皆さんもスマホを水没させてしまった際は是非当店で修理してみてはいかがでしょうか。

大阪駅周辺の町のスマホ修理屋さん スマフォドクター梅田店

 

iPhone11pro水没修理

こんばんは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

本日はiPhone11proの水没修理ご依頼が来ましたので修理していきます。

iPhoneといえば今や防水性能ありの機種と思われがちですが、防水機能ではなく

あくまで耐水性能の備わった機種だと覚えてください。

たまにiPhoneを水で洗っていたら電源がつかなくなったなどで修理ご依頼が来ることがありますが

正直水で洗っていたら壊れます・・・・。

耐水性能があるとはいえ水が完全に中に入り込まないというわけではありませんので気をつけましょう。

この耐水性能は基本的にフロントパネルとボディの固定のために使われている粘着テープにより耐水性能が付与されます。

しかし、一度でも本体を修理に出したり点検に出してフロントパネルを開けるようなことをすればその粘着が剥がれてしまいます。

これは完全に元に戻すことは難しいのでそれ以降は耐水性能が落ちるということになりますね。

しかしながら一度も修理したことがなくても耐水のための粘着テープが経年劣化により耐水性能を落とすこともあります。

結局は購入当初の新品の状態での耐水性のうちが公開されているだけでしょう。

時間が経てば当然水が侵入しやすくなるということですね。

例えばテープによって完全防水が実現したとしても、充電するコネクタ部分や通話の時に使用するスピーカー。

マイクの部分には当然穴が空いていますのでここからも水は侵入して来るのです。

いずれにせよ水にはなるべく触れさせないのがベストです。

たまにお風呂で使っているというお話も聞きますが、こちらも厳禁です。

ジップロックのような密封の袋に入れていても温度変化で袋のなかの気体から水分が発生しますので

修理の際に中を開けてみると水没反応が出ている・・・。なんてこともありました。

お風呂での使用も避けましょう。

今回のiPhone11 proはお風呂で使用していたら電源が落ちたというものです。

では実際に点検していきましょう。

バイブレーションなどは動かないので画面が消えているのではなく

電源が落ちているのは間違いなさそうです。

それでは中を確認していきます。

粘着テープはなかなかボロボロになっていました。

修理履歴を聞いてみると何度か修理に出したことはあるそうです。

耐水性能が低下している状態でのお風呂での水没で間違いはなさそうです。

それでは中に残っている水分をチェックしていきます。

水滴がちらほら見えます。すこし錆びているような部分も見受けられます。

一度乾燥させていきましょう。

十分に水気が取れたら一度電源を入れてみます。電源はつきません。

次にバッテリーと画面を交換してみます。

やっぱりダメです。

基板のどこかにサビや汚れなどがあるかもしれません。

十分にお時間をいただきクリーニングしていきます。

すると、バッテリー交換と画面交換を行えば電源がつくようになりました。

クリーニングと画面交換、バッテリー交換で修理ができバックアップを取っていないお客様はなんとかバックアップを

取れるようになりました。

ふー・・。

しかし一度水没している端末はいつまた同じような症状に陥るかわかりません。

油断せずに一時的な復旧と見て、しっかりバックアップを取るようにおすすめいたしました。

それでは、大阪駅周辺の スマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。

iPhone7Plusのp水没点検修理|スマフォドクター梅田店|

iPhone7Plusのp水没点検修理|スマフォドクター梅田店|

皆さんこんにちは、こんばんは、お疲れ様です!
スマフォドクター梅田店です!

本日はiPhone7Plusのp水没点検修理を担当させて頂きました。

iPhoneの水没点検修理ですが、基本的には水没してしまった箇所のクリーニング、

腐食やショートしてしまって壊れたパーツの交換作業となります。

ですので単に水没点検といっても修理に掛かる時間も金額もケースバイケースですし

基板のクリーニングやパーツ交換では復旧できない場合もあります。

水没からの復旧は速さが勝負といっても過言ではないので

修理をお考えの場合はまず店頭スタッフまでご連絡下さい。

当店では 電話 メール Line webサイトよりお問い合わせを承っていますので

お気軽にご利用くださいね。

大阪駅周辺の町のスマホ修理屋さん スマフォドクター梅田店

MacBookAir2017水没修理A1466

こんばんは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

本日はMacBookAirの水没修理ブログです。

お客様のPCはお酒によって水没し、電源がつかなくなってしまったようです。

お酒をこぼしてしまった箇所はキーボード上の右上の方。

電源ボタンがあるところですね!

そこにお酒をこぼしてしまい、電源がつかなくなってしまったと・・・。

水ではなく砂糖や様々なものが混ざった液体はなかなか普及が難しいでことが多いですが、まずは中を確認します。

Mac Book Airは背面からアクセスします。

背面のパネルを開けてバッテリーを外し、基板を取り外します。

今回のMacBookAirは2017年のモデルで、バッテリーはネジで固定されているタイプです。

Mac PCにはバッテリーを粘着で固定しているものもあり中の構造は様々です。

それでは中の様子を・・・

かなりべっとりとしたものが基板にへばりついています。

お客様はこぼしてしまったお酒はかなり砂糖など多めに入っているお酒だとのことでしたので

その砂糖がPCの中で固まってしまっているのでしょうね。

それでは洗浄していきます。

かなり綺麗にはなりました。

次に乾燥させていきます。

今回のMacBookAir 修理は飛び込みのお客様だったのでパーツの在庫がない状態でした。

バッテリーを交換が必要な可能性がありますが今回はしっかりと乾燥させて一旦起動させるところまでチャレンジしてみようと思います。

この後の結果はまた次回ブログで続きを書くと思いますのでチェックしてください。

それでは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。

 

iPhone11pro水没?

こんばんは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

梅田でiPhoneの水没修理

本日はiPhone11proの画面交換修理ブログを書いていきます。

お客様のiPhone11proは画面が割れておらず、タッチが効かない、液晶表示不良の状態です。

何度か修理をされたこともあるようですが、今回のようにタッチが効かなくなったのは初めてのようです。

バックアップもとったことはないそうでデータの心配をされていました。

それでは修理してみましょう。

画面を取り外し、中を確認すると若干の水没反応が出ていました。

多少ではありますが水に濡れてしまったのは間違いないようです。

お風呂でスマホの操作を行ったこともあるようでそれが原因ではないかと思います。

タッチ不良は水没によるものであれば画面を交換しただけでは復旧は難しいかもしれません。

一度中をしっかり乾燥させて画面を交換してみます。

問題なく動作しました。

これで一旦バックアップは取れる状態になりましたのでお客様にはかなり安心していただけましたが

水没反応が出ている以上絶対に大丈夫だとは言えません。

何かしらの不具合が後々起こりうる可能性は十分に残っていますので

今後のバックアップは定期的にとっておきたいですね。

それでは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。