iPhone11pro水没?

こんばんは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

梅田でiPhoneの水没修理

本日はiPhone11proの画面交換修理ブログを書いていきます。

お客様のiPhone11proは画面が割れておらず、タッチが効かない、液晶表示不良の状態です。

何度か修理をされたこともあるようですが、今回のようにタッチが効かなくなったのは初めてのようです。

バックアップもとったことはないそうでデータの心配をされていました。

それでは修理してみましょう。

画面を取り外し、中を確認すると若干の水没反応が出ていました。

多少ではありますが水に濡れてしまったのは間違いないようです。

お風呂でスマホの操作を行ったこともあるようでそれが原因ではないかと思います。

タッチ不良は水没によるものであれば画面を交換しただけでは復旧は難しいかもしれません。

一度中をしっかり乾燥させて画面を交換してみます。

問題なく動作しました。

これで一旦バックアップは取れる状態になりましたのでお客様にはかなり安心していただけましたが

水没反応が出ている以上絶対に大丈夫だとは言えません。

何かしらの不具合が後々起こりうる可能性は十分に残っていますので

今後のバックアップは定期的にとっておきたいですね。

それでは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。

iPhoneXS水没修理

こんばんは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

今回はiPhoneXSの水没修理ブログです。

 

iPhone水没

 

お客様のiPhoneXSは画面に少しヒビが入っています。

その状態のまま使い続けており、昨夜お風呂にドボンと1.2秒程お湯に浸かってしまったそうです。

まだ一度も修理には出したことのない端末らしいですが、画面にヒビが入ってしまっている以上

ある程度の水没は免れないでしょう。

本来、新品や修理に一度も出したことのない端末であればある程度の耐水性能があります。

画面と本体は強力な粘着で接着されてあるのですが、経年劣化、修理による分解等により耐水性能がどうしても落ちてしまいます。
お客様の端末は一度も修理に出して画面を開いたこともないそうなのである程度の耐水性は見込めますが、

画面の亀裂から水分が侵入してしまっているのが予想されます。

それでは中を確認して見ましょう。

画面を開くと早速水滴がチラホラ・・。

小さな粒ですが見られます。

最初の動作確認段階では電源が入ってくれない状態でした。

画面交換、バッテリー交換が必要だと思われます。

一旦この状態で乾燥、バッテリーのコネクタを外します。

ショートしてしまうと基板にさらにダメージを与えかねません。

幸い、ショートして黒く焦げ付いた様な痕はなさそうです。

それでは基板を取り外してこちらも乾燥させます。

次に画面とバッテリーを交換して電源を入れてみます。

電源がつきました!一応画面を元に戻して電源ボタンを押してみます。

電源はつきますが、画面は水没により故障してしまっている様ですね。

今回はバッテリーと画面の2点修理で無事、水没復旧ができました。

いまだになかなかバックアップを定期的にとっているお客様は増えていきません。

皆様、いつ故障してしまうかわからないスマホのバックアップはしっかりとっておきましょうね。

それでは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。

iPhone12 水没点検

こんばんは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

本日はiPhone12 proの水没点検修理ブログを書いていきます。

 

 

お客様のiPhone12 proは電源はついているもののタッチの反応が悪い時がごくまれにあるそうで

つい先日本体に水につけてしまったと話していました。

時間にすると短時間であったため耐水性を考えても問題ないであろうとおもいそのまま電源を入れて使用を続けているそうです。

なかなか耐水性脳があるとはいえ一度は水没してしまった端末です。

一度中を確認してみましょう。

中にはさほど水没している痕跡はありませんでした。

若干水没反応はあるもののひどく濡れているわけではありません。

一度分解して乾燥をしていきます。

腐食しているところは特にありませんでした。

これは、水没してしまったと思って早めに修理店に持ち込んだことがよかったといえるでしょう。

どうしても水没し、そのまま放置していると端末内部がさびてしまいます。

もしも水没してしまったら電源を切ってすぐに修理店にもっていくのがベストといえます。

今回は部分的な乾燥と端末のリフレッシュでタッチが安定するようになりました。

しかし一度水没してしまっている端末のため、いつまた同じ症状が出てくるかわかりません。

今後は定期的なバックアップをお勧めしてお返しとなりました。

 

それでは、大阪駅周辺の須磨hの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。

 

iPhoneXSバックパネル交換修理

こんばんは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

今回もiPhoneXSの背面ガラス交換修理ブログです。

今回はご予約なしの飛び込み修理!

背面ガラスのブラックカラーの在庫がございましたので修理対応可能でした。

在庫がない場合もございますのでなるべくご予約された方がいいかと思われます。

もちろんお客様のiPhoneXSがブラックやシルバーでも

フレームごとの交換修理となりますので気分転換にゴールドカラーに変更!

なんてことも可能ですのでお気軽にご相談ください。

 

 

それでは今回の修理も基板からスイッチのケーブルやライトニングコネクタ など、

全てのパーツを分解して新しいフレームに全移植となります。

修理時間は三時間ほどで完了いたします。

お時間に余裕があるときにお越しくださいませ。

もしもお客様の端末が水没していたりする場合はご一緒に基板のクリーニングなども可能です。

水没している端末はいつ故障の原因になるかわかりません。

今症状が出ていなくとも1ヶ月後に症状が出てくるかもしれません。

もしも水没してしまった場合はすぐに修理に出したり点検することをお勧めいたします。

ちなみにiPhoneXSは、お風呂での水没案件のご依頼をよくいただきます。

防水だと勘違いされている方が多いのと、お風呂は水蒸気(気体)のため端末内部に入り込みやすく

水没してしまうという感じです。

みなさまお風呂でのiPhoneXSの使用は避けましょう。

それでは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。

HUAWEI P20Lite 水没復旧修理

HUAWEI P20Lite 水没復旧修理

皆さんこんにちは、こんばんは、お疲れ様です!
スマフォドクター梅田店です。

本日はHUAWEI P20Liteの水没復旧修理を担当させて頂きました。

今回のお客様は初めに電話でお問い合わせ頂き、今朝からスマホの画面がつかない

電源が入らないとの事だったのでまず初めにバッテリーの不具合や

システムエラーでの故障を疑いましたが、前日記憶が曖昧だという証言と

内側が曇っているカメラレンズを見て水没だと確信しました。

背面パネルを開けるとかなり水が内部に入っていました。

何で水没してしまったかがわからなかった為まずは精製水で基板を洗浄し

腐食してしまったコネクタはクリーニングをし

液晶パネル、バッテリーの交換をした所、

データが取り出せるところまでは復旧する事が出来ました。

水没の後遺症としては充電ができない、電波が入らないなどの

不具合が起きていましたが、お客様はキャリアの保証で

新しい本体を用意できるとの事でしたので、バックアップをし

データの移行をさせて頂きました。

水没修理は水没してしまってからどれだけ時間が経過しているかによって

復旧率が変わってきますので、もしも自分や身近な人がスマフォを

水没させてしまった際は直ぐに当店までお問い合わせ・ご来店ください!!

大阪駅周辺の町のスマホ修理屋さん スマフォドクター梅田店

Samsung Galaxy A30 水没修理

こんにちは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

本日は、Samsung Galaxy A30の水没修理の修理途中経過ブログです。

お客様の端末はトイレで水没させてしまったようで電源が入り最初のロゴマークは表示されるのですが

そこから起動に至らないという症状です。

水没修理ではパーツの交換を試み、クリーニングも行っていきます。

まずは端末を開いて中野水没状況を確認していきます。

Samsung Galaxy A30はまず背面からアクセスして端末を分解します。

背面のパネルが粘着テープでくっついているものですのでヒートガンで温めてから・・・・。

というのは禁物です。

Galaxy A30は温めすぎると背面のカラーシートが剥がれてしまい、デザインを損ねてしまいます。

今回は温めずにゆっくりと粘着を剥がしていきましょう。

背面パネルが開いたら基板とバックカバーを繋いでいるネジを全て外します。

こちらには隠しネジがあるので注意しましょう。

ネジを全て外したらフレームと基板を切り離します。

ここはツメで引っかかっています。

基板を傷つけない様に取り外します。

では基板も取り外し水没状況を確認します。

最近水没させてしまっていたということですが、端末内部には水滴などはありません。

しかし基板の上のチップに白い腐食痕がありかなり進行しているのは目視で確認できるレベルです。

一度全体的に乾燥をかけて一度起動します。

・・・。全く同じ症状です。

ではバッテリーと充電部分のコネクタを新しいパーツに取り替えて電源を入れてみます。

・・・。

やはりこれも同じ状態です。

次にできることは基板の洗浄です。

基板を洗浄し、乾かしてから動作の確認を行ってみます。

現状、途中までのブログとなりましたが、水没修理は故障内容や原因が特定しづらい修理となります。

時間はかかりますが復旧する可能性も0ではありませんので、

皆様も水没された端末があればご相談くださいませ。

 

 

それでは大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。