iPad12.9バッテリー交換とシステム問題?

こんばんは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

本日は前回の続き、iPad12.9インチモデルのバッテリー交換修理とシステムエラー復旧作業のブログです。

前回から再起動が強制的にかかってしまうというエラーが起こっておりました。

システム復旧のためにソフトウェアアップデートや復元を行い、

別のバッテリーでもテストすること数回、現在は安定して動作しております。

ですがバッテリーの消耗でいうと体感ですが早いような気がします。

バッテリー交換でいうと今回はiPad12.9ですが

その他の機種、iPadに限らずスマートフォンなんかでもバッテリー交換を行っても

バッテリーの減るスピードが早いというところで改善が見られないことが稀にあります。

バッテリーの問題ではなく別の部分の劣化によるものなのでしょうが

電気を大幅に消耗してしまうような挙動になってしまっているということでしょう。

今回はお時間をいただいておりますので

このままテストしていき、改善に引き続き力を入れていきます。

それでは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。

iPadPro12.9バッテリー交換&システム問題

こんにちは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

本日はiPad pro 12.9のバッテリー交換修理ブログです。

お客様のiPad 12.9はバッテリーを当店で1年異常前に交換していただいております。

バッテリーの減りがそこまで早くなったとものすごく感じているというわけではないですが

そろそろ定期的な交換かなということでお持ち込みいただきました。

前回の修理ではシステムの不具合の兆候が見られましたのでその辺も確認していければと思います。

パーツ在庫がなかったために入荷に1日いただきましたが

本日バッテリーが到着しましたので早速修理していきます。

以前修理してくださったということでフロントパネルは新品の時と比べると

開けやすくなっております。初回の修理時よりも画面に負荷をそこまで与えずフロントパネルを取り外せます。

iPad 12.9はとてもバッテリーが大きく基板を挟んで2つバッテリーを取り付ける部分があります。

バッテリー自体はケーブルで1つにつながっています。

ケーブルが基板の下に入り込む形となっております。

今回のバッテリー交換修理はシステム面での不具合もありそうなので少し長期戦になりそうです

現状新しいバッテリーを仮で取り付けて見て動作の確認中といったところです。

結果はまた次のブログにてお伝えできればと思います。

それでは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。

iPad第5世代バッテリー交換修理

こんばんは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

本日はiPad第5世代のバッテリー交換修理ブログです。

お客様のiPad第5世代は充電器を挿してもバッテリーがチャージされません。

バッテリーが空っぽだという表示は充電器を差し込んだ時に出てはきますが

そこから時間をおいても起動してくれません。

おそらくバッテリーの劣化によるものではないか、

場合によっては充電器を差し込む本体側のパーツ。ライトニングコネクタに問題があるという可能性も考えておきます。

それでは修理です。

まずはフロントパネルを開いていきます。

iPadシリーズは基本的に粘着テープでフロントパネルが固定されています。

今回は画面割れではなくバッテリー交換ということですが

バッテリー交換の際はフロントパネルを外さないと、バッテリーにアクセスできません。

フロントパネルを開いたらバッテリーを取り外します。

バッテリーもフロントパネル同様に粘着テープで固定されていますので

慎重に剥がしてバッテリーを取り外します。

バッテリーを交換後、動作チェックをしてみると。

問題なく起動し、充電もできます。

ライトニングコネクタは問題ではなさそうです。

システムエラー等も警戒しながら今後お客様にご使用していただき経過をみてもらいます。

それでは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。

iPhone6Sバッテリー交換

こんばんは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

本日はiPhone6Sバッテリー交換修理ブログです。

お客様のiPhone6Sはバッテリーの減りが早くなってきたそうで

今回交換に来てくださいました。

iPhone6Sはかなり古い機種ですが、最近バッテリーの減りが早くなったということは

なかなか頑張ったiPhone6Sなんではないでそうか。

通常2年ほどするとバッテリーは劣化してくると言われていますので本当にいい個体に当たったと言えるでしょう。

今回修理時間は10分ほどで終了いたしました。

動作の確認を行いお返しです。

そのあと数時間後、奥様のiPhone6Sも持って来ていただきましたのでこちらも修理させていただきました。

今回のようにご夫婦の2台分修理など在庫があれば即日修理対応可能ですので

お気軽にご相談ください。

それでは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。

iPhone11バッテリー交換修理

こんばんは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

本日はiPhone11のバッテリー交換修理ブログです。

客様のiPhone11はバッテリーの最大容量が85パーセントでかなり消耗しています。

バッテリー最大容量は設定からバッテリーの詳細を見ていただければと思います。

バッテリーの交換時間はおよそ20分~30分ほどみていただくといいでしょう。

ちなみにiPhoneのバッテリーの寿命ってどのぐらいかご存知ですか?

iPhoneのリチウムバッテリーは大体600回のフル充電を繰り返すと劣化してくると言われています。

フル充電というのは0%〜100%まで充電をすることを指しますので大体、2年ちょっと使うと交換時期かもしれませんね。

しかし1日でバッテリーを使い果たして空っぽの0%から充電する人は少ないでしょうが

ゲームをたくさんしたり動画をみたりマップアプリを頻繁に使う方は

バッテリー最大容量は他の方より落ちてくる傾向にあります。

簡単にいえばたくさんiPhone11を使用するとその分早く電池も弱っちゃうよ!ということですね!

それでは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。

AQUOS R SHV39 | SH-03J | 605SHのバッテリー交換修理

こんばんは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

本日はなかなか修理受付をしていない

AQUOS R SHV39 | SH-03J | 605SHのバッテリー交換修理ブログを書いていきます。

 

 

販売元のキャリアによって機種の呼び名が変わって来ます。

まずは、AQUOS R SHV39 という機種名のこちら。

こちらはAUから購入した端末の呼び名です。

そして docomoからは AQUOS R SH-03J 。

最後に softbankからは AQUOS R 605SH という呼び名となります。

意外と自分が使っている機種を覚えていない方もおおいのでこのブログで確認してくださいね。

それではまず、なぜAQUOSのスマートフォンは修理受付している店舗が少ないの?

という部分に触れていきましょう。

答えは簡単です。

単純にパーツが入りにくい・・・。

ただそれだけです。

パーツが入りにくい=手に入れるにもパーツ費用も上がって来ますので

自然と修理代金も上がって来てしまいます。

そもそもなかなかパーツが入らない機種ですがタイミングによってはパーツが入ってくることがあります。

今回はそんなラッキーなお客様の

AQUOS R SHV39 | SH-03J | 605SHのバッテリー交換修理を行いました。

修理は基本的に1日お預かりとなります。

AQUOS R SHV39 | SH-03J | 605SHのメーカー修理に出したいけど時間やお見積もり、

なかなか折り合いがつかないという方は一度ご相談くださいませ。

現在、こちらの機種は在庫が残りわずかですがございます。(2021/07/25現在)

もしもこのブログをお読みになった方はお電話にて確認していただければと思います。

それでは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。