iPhoneの背面ガラスの修理は当店へ

こんにちはスマフォドクター梅田店です。

当店ではiPhoneの背面ガラスの修理も承っております。

正確に申し上げると、バックガラスの付いているフレームごと交換になります。

iPhoneの背面ガラスは取り外しが困難な部分で、

多くの修理店は修理を行っておりません。

しかし当店では、

フレームごと交換することで、

背面ガラスの修理が可能となっております。

しかし、フレームごと交換する作業は、

かなりの工数と技術力が必要になります。

そのため、ご予約、ご来店されたお客様には、

多く時間をいただいております。

表側の画面修理がおおよそ20分程度のところ、

バックフレームの修理には3時間ほどお時間をいただいております。

フレームごとの交換ですので、

全てのパーツの取り外し、調整、交換が必要になります。

お時間がかかってしまいますのでご了承ください。

もちろん時間はかかりますが即日でお返しが可能となっております。

事前にご予約、お問い合わせをお願いします。

iPhoneの背面修理ができるお店スマフォドクター梅田店です。

お気軽にご来店ください。

スマフォドクター梅田店

りんごループになった際は当店へ

iPhoneの電源が落ちて、再起動を繰り返してしまう、

通称りんごループ。

これはシステムのエラーでして、

これに陥ってしまうと、一筋縄では抜け出せません。

むしろほとんどの場合復旧は難しい場合が多いです。

起こってしまう原因は

自動アップデートの設定をし、

アップデートがかかってしまっている状態で、電源が切れてしまったり、

wi-fi環境下から離れてしまったり、電波が無くなったり、

それのせいでアップデートが途中で切れてしまい、

エラーが起こってしまうのが一番多いです。

りんごループの場合、

PCに繋ぎ、初期化、工場出荷状態にするのが一番の方法です。

運が良ければ、アップデートの続きが始まり、治る可能性もあります。

PCに反応しない場合もあります。

その場合は当店で、電源まわり、バッテリー等を交換、

もしくはその他の悪さしているパーツを探します。

どこか原因があればいいのですが、

完全に基盤の損傷、エラーで起こってしまう場合もあります。

そうなった場合は損傷不可になります。

本日ご来店されたお客様のiPhone11は画面、

フェイスIDの故障によってりんごループが起こっていました。

そこの接続を外すと無事機能しました。

直接関係してなくても、

どこかが故障しているとそこからエラーが起こってしまうケースもあります。

いろんなケースがあるので当店で確認させていただき修理いたします。

スマフォドクター梅田店

白いシューズは早めにコーティング

こんにちはスマフォドクター梅田店です。

当店ではスマホのコーティングも行い、

さらに、シューズや鞄などの布製品へのコーティングも

行っております。

スマホに使う溶剤とはまた別のものを使用し、

繊維に直接コーティングし、汚れや劣化を防ぎます。

白いシューズや、サンダルなど、

汚れがついてしまうと汚れが目立ってしまう、

そういったものはなるべく早くコーティングすることをお勧めいたします。

施工に関しては溶剤の乾燥に24時間のお時間を頂いています。

翌日返却となりますのでご了承ください。

郵送返却も可能です。※送料はお客様負担となります

お気軽にお問い合わせください。

スマフォドクター梅田店

GalaxyS10Plusデータ取り出しor本体復旧

こんばんは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

本日はGalaxyS10Plusのデータ取り出し作業ブログです。

お客様のGalaxyS10Plusは画面が突如つかなくなり全く操作できなくなりました。

できることなら端末の復旧、最悪連絡先データが必要のようです。

本体は電源がついていることを確認できましたのでフロントパネルの交換で

本体復旧する可能性も見えてきました。

お客様としては本体復旧優先ということでしたので早速作業開始です。

パーツが取り寄せとなりますのでまずはフロントパネルの交換で直るかどうかの検証です。

現在パーツなしの機種ですが検証機はありましたのでそれでチェックしていきます。

では本体の背面パネルを慎重に取り外します。

粘着テープでかなり強力に固定されていて、背面パネルもさほど頑丈ではありませんので割れてしまう場合もあります

こちらのご了承をいただいての修理ですが今回も問題なく綺麗に取り外すことができました。

一度基板を入れ替えてみて起動、動作のチェックをします。

問題なく動作しますのでこれで本体復旧は可能だということが証明されました。

次はパーツの入荷という流れになりますが

今後も引き続き動作チェックと行いたいと思います。

それでは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。

iPad12.9バッテリー交換とシステム問題?

こんばんは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

本日は前回の続き、iPad12.9インチモデルのバッテリー交換修理とシステムエラー復旧作業のブログです。

前回から再起動が強制的にかかってしまうというエラーが起こっておりました。

システム復旧のためにソフトウェアアップデートや復元を行い、

別のバッテリーでもテストすること数回、現在は安定して動作しております。

ですがバッテリーの消耗でいうと体感ですが早いような気がします。

バッテリー交換でいうと今回はiPad12.9ですが

その他の機種、iPadに限らずスマートフォンなんかでもバッテリー交換を行っても

バッテリーの減るスピードが早いというところで改善が見られないことが稀にあります。

バッテリーの問題ではなく別の部分の劣化によるものなのでしょうが

電気を大幅に消耗してしまうような挙動になってしまっているということでしょう。

今回はお時間をいただいておりますので

このままテストしていき、改善に引き続き力を入れていきます。

それでは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。

お盆というワード、実はセンシティブ

こんにちはスマフォドクター梅田店です。

当店はお盆期間中も営業しておりました。

お盆、正式名称は、盂蘭盆会(うらぼんえ)というそうです。

亡くなられた方やご先祖様が、あの世と呼ばれる世界(浄土)からこの世(現世)に戻ってくる期間。

期限は盂蘭盆経から来ているとされていて、

お釈迦様の弟子の一人、目連(もくれん)の言い伝えにまつわる話から来ているそうです。

さらにこの盂蘭盆会という言葉は、

ウラバンナ、意味を逆さづりというところから来ています。

天国に行ったと思っていた目連の亡き母が、

地獄で逆さ吊りの刑を受けているというところからきていて、

かなり怖い意味ですよね。

そこから救う方法をお釈迦様に教えてもらうというお話(諸々割愛)が、旧暦の7月15日、

お盆の始まり、起源と言われています。

思ってたより、ダークな内容だなと思いました。

そこと少しずれますが、

盆踊り、ゆったりとした老若男女が楽しむお祭りで踊るもの、

ぐらいのイメージですが、始まりは、

実は性の開放エネルギーを原動力に性的色彩を帯びる行事、というほど、

セクシュアリティ、性の要素が強いものだったそうです。

念仏で救済される喜びに衣服もはだけ、男女が激しく踊り狂う行事、

未婚の男女の出会いの場だけにとどまらず、既婚者らの一時的な肉体関係をもつきっかけの場にも

なっていたそうです。

現代のクラブみたいなイメージですね。

(クラブにもそういうところや、純粋に音楽を楽しむ場所など千差万別なので多少語弊がありますね)

盆踊りをし、雑魚寝どう(男女が一堂に泊まり込み、酒池肉林)するというセット、

中々に乱れたこの風習が広まり、

明治時代には風紀を乱すと警察の取り締まり対象になったりしたそうです。

このざこ寝堂という文化は、ほとんど全国の農村には存在したそうですよ。

田舎の一部の村の文化ってわけじゃなく、日本全体の文化です。

これは昭和初期にもまだ残っていた風習だそうで、そこまで大昔の話ではないところがまた驚きです。

といったちょっとした雑学を書いてみました。

知らなくても、生きていく上で何も困らない情報、知識ではありますが、

へ〜って思うことで読んでる間だけでも少しだけ楽しい気分になれたならば幸いです。

そんな雑学もネットを使えばすぐに得れる良い時代です。

無理矢理感は否めないですが、

そんな気軽に使える、ネット環境、情報を得るためのデバイスに

不具合や故障はありませんか?

スマフォドクターでは即日対応当日返却で修理可能です。

お気軽にご利用ください。

スマフォドクター梅田店