Samsung Galaxy A30 水没修理

こんにちは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

本日は、Samsung Galaxy A30の水没修理の修理途中経過ブログです。

お客様の端末はトイレで水没させてしまったようで電源が入り最初のロゴマークは表示されるのですが

そこから起動に至らないという症状です。

水没修理ではパーツの交換を試み、クリーニングも行っていきます。

まずは端末を開いて中野水没状況を確認していきます。

Samsung Galaxy A30はまず背面からアクセスして端末を分解します。

背面のパネルが粘着テープでくっついているものですのでヒートガンで温めてから・・・・。

というのは禁物です。

Galaxy A30は温めすぎると背面のカラーシートが剥がれてしまい、デザインを損ねてしまいます。

今回は温めずにゆっくりと粘着を剥がしていきましょう。

背面パネルが開いたら基板とバックカバーを繋いでいるネジを全て外します。

こちらには隠しネジがあるので注意しましょう。

ネジを全て外したらフレームと基板を切り離します。

ここはツメで引っかかっています。

基板を傷つけない様に取り外します。

では基板も取り外し水没状況を確認します。

最近水没させてしまっていたということですが、端末内部には水滴などはありません。

しかし基板の上のチップに白い腐食痕がありかなり進行しているのは目視で確認できるレベルです。

一度全体的に乾燥をかけて一度起動します。

・・・。全く同じ症状です。

ではバッテリーと充電部分のコネクタを新しいパーツに取り替えて電源を入れてみます。

・・・。

やはりこれも同じ状態です。

次にできることは基板の洗浄です。

基板を洗浄し、乾かしてから動作の確認を行ってみます。

現状、途中までのブログとなりましたが、水没修理は故障内容や原因が特定しづらい修理となります。

時間はかかりますが復旧する可能性も0ではありませんので、

皆様も水没された端末があればご相談くださいませ。

 

 

それでは大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。

 

ケースや保護フィルム等がない新機種にはコーティングを|スマフォドクター梅田店|

こんにちはスマフォドクターです。

本日も営業しております。

当店ではスマホへのガラスコーティングも行なっております。

iPhoneだけではなく、Xperia、Androidいろんなスマホに施工可能です。

本日も最新のXperiaのコーティングを承りました。

最新機種の場合、ケースや保護フィルム、保護ガラスがまだないものが多いので、

その間に落としてしまったり、割れてしまうといけません。

ぜひ当店でガラスコーティングをご利用ください。

保護フィルム、保護ガラスよりも強度が高く、

割れや破損を防ぎます。

施工時間はおおよそ30分程度でお返し可能でございます。

大阪、梅田に来られた際は、ぜひお立ち寄りくださいませ。

ご来店お待ちしております。

 

スマフォドクター梅田店

Galaxy S5データ抽出

こんばんは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

皆さま、スマホ修理店に行ってスマホの修理をお願いしたことはありますか?

iPhoneなら対応してくれる修理店は数多くあります。

なんだかんだでiPhoneのシェアは大きく修理パーツの在庫をしっかり置いているお店では基本

iPhoneのパーツは切らさずに置いているでしょう。

しかし今、この記事を読んでいる方はiPhoneを使っているとは限りませんね。

最近ではiPhoneのシェアは大きいとはいえど、GalaxyやAndroid端末の修理が増えてきています。

多岐にわたり様々な機種が販売されており、修理パーツを全て揃えている修理店はないでしょう。

というよりもiPhone以外のスマホの修理は非対応の修理店もあるでしょう。

仮に修理を受けている修理店でも、結局はその他の修理店に依頼を投げているところもあります。

その場合、中抜きの料金が発生してしまうため、

修理可能のお店に直接修理依頼をした方がお得な場合が少なくはありません。

修理の際の相談にしてもやはり知識のあるスタッフに相談できた方が安心ですよね!

スマフォドクターでは、iPhone以外の修理も行っています。

修理受付、修理担当どのスタッフも知識豊富でiPhone以外の修理のご相談もスタッフ全員がご対応可能です。

ですのでいつご来店されてもご相談に乗れます。

 

さて、今回はGalaxy S5のデータの抽出修理のご依頼がありましたのでご紹介です。

こちらが分解した基板むき出しのお姿です。

一見問題なさそうですよね。

しかし基板を横に向けると、ご覧の通り基板が仰け反っています。

流石のGalaxyもここまでダメージを受けると起動はできませんね。

完全に基板が折れてしまっています。

データを抽出するにも、基板が折れてしまいメモリー部分の破損が見られると復旧は難しいです。

 

もちろん画面もこのような状態でした。

 

今回はデータの復旧ならずでしたがやはり修理にご依頼を出すと言うのはかなり大事です。

今回は中を開いてこのような状態だったと言うことが発覚しましたが、

外側の破損がひどいからといって諦めるのは早いと私個人は思います。

今までの写真データや仕事の大切なデータを最後まで諦めずにデータ抽出のご依頼に出してみてはいかがでしょうか。

 

それでは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。