Wi-fiの不具合も完全復活|スマフォドクター梅田店|

こんにちわスマフォドクター梅田店です。

本日も営業しております。

本日はwi-fiの不具合でお客様がご来店されました。

iPhoneXのwi-fi、Bluetoothが入らないとのことで、

Wi-fiのケーブルパーツを交換させていただきました。

全く電波が入らなかったものに、

無事wi-fiが接続できるようになりました。

このパターンは基盤の損傷が多く、

パーツ交換でも復活できない可能性も多くあるのですが、

今回は復帰できて良かった次第です。

通常回線以外の、

Wi-fiやBluetoothなどの電波の修理も、

ぜひお持ち込みください。

ご来店お待ちしております。

 

スマフォドクター梅田店

iPhoneXの画面・液晶交換修理

iPhoneXの画面・液晶交換修理

皆さんこんにちは、こんばんは、お疲れ様です!
本日はiPhoneXの画面・液晶交換修理を担当させて頂きました

お客様のiPhoneXですが角から落下させて事による画面の破損が原因で

タッチの機能はおろか表示されている画面も白っぽく変色

また誤作動が起きている状態でした。

今回は落下破させてから期間を開けずに修理に持ってきて頂いたので大丈夫でしたが

画面が破損しタッチの誤作動が起きているまま長時間放置をしていると

画面のパスコードロック何回も間違えた状態になってしまい最悪の場合

画面を交換して綺麗に直ったとしても端末の初期化をしないと

使用できない状態になってしまう事があります。

もしもパソコンやクラウド上にデータのバックアップを取っていれば

データの復元で元に戻りますがバックアップを取っていない場合

データを丸々消さないと使えないという最悪の自体に陥ります、、。

こればかりはこまめにバックアップを取るようにするか画面を割ってしまった時に

早急に修理店に持っていくしか回避する方法がないので皆さんお気を付けくださいね。

当店ではiPhoneXの液晶交換が¥13000(税込)~で出来ますので是非お気軽にご利用ください。

※画面の破損が軽微な場合は¥8000(税込)で修理出来ます。

修理をお考えの方はまずは当店の電話 メール Line webサイトより

予約状況 修理パーツの在庫などお問い合わせ下さい。

それではお客様のご来店お待ちしております。

スマフォドクター梅田店

iPhoneX 背面ガラス交換(基板のせかえ)修理

iPhoneX 背面ガラス交換(基板のせかえ)修理

皆さんこんにちは、こんばんは、お疲れ様です!
スマフォドクター梅田店です。

本日はiPhoneX 背面ガラス交換(基板のせかえ)修理をさせて頂きました。

最近iPhoneXやiPhoneXSのフロントパネルの交換修理背面ガラス

修理件数が増えてきたように思います。

というのも画面修理料金の低下や背面ガラス(フレーム付き)のパーツが

手に入るようになってきた事が一番の要因ではないでしょうか。

当店ではiPhoneXの画面交換修理が¥8000~(税込)

背面ガラス修理(フレーム交換・基板載せ替え)が¥15000(税込)で出来ます。

もしも背面ガラスが割れてしまい交換が必要のなった際は

是非当店で修理してくださいね。

背面ガラス(フレーム付き)のパーツは常時流通しているものではないので

背面ガラス交換修理をお考えのお客様はまずは店頭までお問い合わせ下さい。

当店へのご予約・お問い合わせは お電話 メール Line webサイトより

承っておりますのでどうぞお気軽にご利用くださいませ。

スマフォドクター梅田店

iPhoneX背面ガラス割れ修理

こんばんは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

本日はiPhoneXのバックパネル交換修理ブログを書いていきます。

まず、iPhoneシリーズの背面パネルがガラス製になったのはiPhone8やiPhoneXからです。

そこから背面パネルを割ってしまう方が現れ始めました。

 

 

以前でしたらフロントパネル、まあ液晶画面が割れてしまうと言うところが、

表の液晶と背面も割ってしまうということが起こるようになりました。

背面パネルには非接触充電のパーツが張り付いてはいますが、最低限使用する分で故障すると困るような

パーツは付いていません。

ですので、背面パネルが割れていても修理する人たちは多くありませんでした。

しかし、今日の価格競争やパーツの入荷価格の低下によって修理費用が安くなり

修理する人たちが増えてきました。

では、実際のところ背面が割れた状態ってどうなの?

故障と言えるの?と言うところですが・・。

もしも背面パネルが割れてしまった場合チェックしていただきたいのは非接触充電が可能かどうか。

もし非接触充電ができなくても使わないからいいや!と言う方もいるでしょう。

まあ使わないのならいいのですが

背面パネルの割れた隙間を放置していると端末が水没して故障することも考えられます。

特にiPhoneは防水でしょ!と思っているあなた!

iPhoneは防水ではありません。

耐水機能は備わっていますが防水機能はないのです。

もちろんお風呂での仕様は厳禁です。

端末内部に湯気や水蒸気は簡単に入り込んでしまいます。

基板の故障や、カメラの曇り、故障に繋がってきますのでお風呂での仕様はやめておきましょう。

背面パネルが割れていたのならなおのことお風呂では使用しないでください。

今回は背面パネルの交換修理とバッテリーの交換修理でした。

背面パネル修理といっても後ろのガラス部分を交換するのではなく、

背面のガラスとフレームがもともとくっついているパーツを使用します。

ですので、修理する場合は基板から細かなパーツまで全てお客様の元のiPhoneから移植すると言う作業となります。

修理ご希望の際は2〜3時間程を目安としてください。

今回も全てのパーツを移植しました。

当店では、パーツ在庫があれば即日対応可能ですので一度ご相談くださいませ。

それでは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。

 

iPhoneの3Dタッチとは

こんばんは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

皆さまiPhoneの機能で3Dタッチというものはご存知ですか?

私はこの3Dタッチという機能をかなり使います。

知らない方の為にご説明させて頂きますと、iPhoneのテキストを打つ画面で

画面上にあるキー表示の上で3Dタッチを行うと、自由自裁にカーソル移動ができるのです!

もともと私は打ち込んだ文字の部分を長押しで行うカーソル移動方法が苦手で、どうしてもタッチパネルの端っこの方だと

うまく思い通りにタッチが反応してくれないのです。

もともと自分の指がiPhoneに反応しづらいのかな・・・。

とっても不便に感じている時期がありました。

その時にiPhone6Sから3Dタッチという革命的な機能が追加されました

正直に言うと、今現在iPhone SEの第二世代が欲しいところですが、このSEには3Dタッチ機能が実装されていません。

なので私はiPhone6S Plusをいまだに使っているのです!

そう、3Dタッチを使い続けたいが為に!

(ちなみにiPhone8やiPhoneX.iPhoneXSは3Dタッチが使えます・・全部欲しい・・・。)

3Dタッチはスムーズなテキスト入力をサポートしてくれます。

なかなか誤字脱字のない文章をスマホで完璧に書くのって難しいですよね。

メールやLINEをスマホで入力して、書き終えた後に最終確認をしたら

たまに誤字脱字が見つかったりしますね。

でもiPhoneならではの3Dタッチ機能を使えば どんな長文でも一瞬にしてカーソル移動し、修正がかなり楽になるのです。

そういえば3Dタッチの方法を教えていませんでしたね。

操作は簡単です。

普段行なっているタップ操作。

あれを少しだけゆっくり強めに押し込んで見てください。

成功すればバイブレーションが一瞬振動すると思います。

先ほどはテキスト入力時の3Dタッチの話をしましたが、他にも様々な場面で活用できます。

例えばホーム画面。ここに並んであるアプリケーションを3Dタッチしてみてください。

そのアプリのショートカットができるようになっているんです。

まあ、これは私はあまり使わないのですが・・・。テキスト打つ時にべんりですから。まぁまぁまぁ。

そんなこんなで3Dタッチの説明は終わり!

今回この記事で何が言いたいかというと、新しい機種にしたいけれどやっぱり今使い慣れているスマートフォンが

一番いいと言うことです。

もしも今使っているiPhone6S Plusが故障してしまっても修理してまで使いたいと言うことです。

メインの端末ではなくともテキスト入力するときはこっちのiPhone6S Plusで行いたいのですよ!

皆様も故障したら新しい端末にしようではなく、一度修理に出してみてはいかがでしょう。

今現在 iPhone6S Plus、全く問題なく使用できていますし、

スマホでできることの範囲でしたらなんの不便もなく、現役でまだまだ活躍できる機種だと思います。

スマフォドクター梅田店なら過去の機種の修理などかなりお安く修理可能です。

特にバッテリー交換は破格のお値段!修理時間も技術のあるスタッフが在籍しておりますので素早く完了!

安い、早い、丁寧な修理に自身があります。

3Dタッチ機能を私のように使いこなせている仲間の皆さま!これからはこの機能が排除されていく流れになっています。

しかしながらうっすらと輝きは残っているのです。

そうあなたの3Dタッチの使えるそのiPhoneが有る限り!

故障してしまったのなら修理しましょう!

そしてお困りの際はぜひご相談くださいませ。

それでは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。

 

iPhoneXカメラ不具合

こんばんは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

皆さまスマホのカメラはよく使いますか?

そのカメラ機能の中でもタイムラプス機能と言うのをご存知でしょうか?

タイムラプス機能は簡単にいえば撮った動画を早送り再生できる機能です。

なかなか面白い動画が撮れますし何か複雑な動画をシンプルに見せたり簡略化できます。

とっても便利で楽しい機能です。

一度使ってみてはいかがですか?

そこで今回はカメラの修理について記事を書いていきます。

お客様のiPhoneXはカメラを起動すると画面が真っ暗で撮影できません。

iOS 11.4のカメラで画面が映らず真っ暗な表示になる不具合が発生か ...

タイムラプスをよく仕事にも使っているようです。まさにiPhoneを使いこなしてカッコいいですね!

今すぐに撮影をしないといけないようで急いでいるみたいです。

カメラが使えないといっても使えないのは外についているリアカメラです。

インカメラは正常に起動しています。

実はインカメラとリアカメラは少し制御の違う場所に基板と繋がっています。

簡単にいえばカメラはカメラでもちょっと違うよ!って言うことです。

インカメラは電話の時のスピーカーやライトなどのケーブルと繋がっています。

リアカメラは独立して基板に取り付けてあります。

豆知識はさておき、今回のようにカメラが写らない場合はどういった原因が考えられるのでしょうか?

1.単純にリアカメラの故障

2.カメラと基板を繋いでいるコネクターの接触不良

3.水没による腐食など

4.システムエラー

 

さまざまな原因が考えられます。

iPhoneXのリアカメラパーツは今でこそ価格は下がってきてはいますがやはり新しい機種だと単純に高価なパーツの部類です。

なるべく予算を抑えたいとのことでしたのでカメラ交換をせずにしっかり原因究明を行い修理可能かどうかの判断をしていきます。

まずは故障原因が軽いシステムエラーだッタ場合の対処法として電源を入れ直してみます。

単純にスリープボタンの長押しではなく、ボリュームボタン+・ー・スリープ長押し

の順番で入力する再起動方法を試します。

・・・、。これではカメラは復帰せず。

次に単純にカメラのコネクタ部分をはめ直してみます。

接触不良だった場合は復旧する可能性があります。

さあ・・どうでしょう!

よしっ!カメラがついた!と思いきや途中で画面がまた真っ暗になってしまいました。

んー・・。

途中で接触不良になりカメラが基板と再び接続されてないという状態に戻ってしまったのかもしれません。

一度電源を切り、カメラのコネクタ部分、基板のコネクタ部分を確認してみます。

ここでお客様から聞いていた「たまにお風呂で使用します」との言葉を思い出し

もしや!と確認してみます。

まずはじめに修理する端末の中を開いてみた時には水没している症状はみられませんでしたが

カメラのコネクタ部分にわずかに汚れのようなサビのようなものが見られました。

これが接触不良の原因ではないかと思いクリーニングを行ってみました。

しっかりと乾燥を行い、さいどチャレンジして見ます。

なんとかカメラの交換無くして復旧させたい、その一心でクリーニングを行った結果・・・。

 

なんと正常に起動してくれました!カメラの写りなども問題ないです。

しかしながら一時的なものの可能性も否定できません。

まだ経過を見ていただく形ですが、一旦お仕事を続けられるようにできて一安心です。

 

それでは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。