梅田でiPhoneのバッテリー交換

こんにちは、梅田のiPhoneバッテリー交換!スマフォドクター梅田店です。

というくらい最近またバッテリー交換のご要望が増えています。

新しいiPhoneの販売が噂され多分今月くらいには出るのかな〜と思いながらも

今のiPhoneがまだ使える、サブで使う、お子様のおもちゃに

などなどみなさま様々な要因でバッテリーを交換されます。

iPhoneXs、XRシリーズが販売されてそろそろ2年が経ち、バッテリーの消耗が出てきている頃合いです。

iPhoneXなども昨年から比較的多くの交換依頼を受けるようになっておりますので、

バッテリーの持ちが悪いや電源が落ちてしまう不具合のある方はぜひスマフォドクター梅田店で

バッテリー交換をご依頼くださいませー。

「iPhoneバッテリー交換」
税込:3000円〜
時間:10分〜

ご予約お待ちしております!

iPhone8背面ガラス交換修理

こんばんは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

最近はiPhone8の背面ガラスが割れてしまう修理ご依頼が増えてきています。

iPhoneシリーズはiPhone7以前ではフレームにフロントパネル。と言う構成でしたが

iPhone8からはフロントパネル、フレーム、背面ガラス。という構成になりました。

これは非接触充電のために背面がガラス製のものになったと思われます。

このガラスによってのメリットは端末の軽量化、非接触充電、デザイン性などでしょうか。

では、デメリットはというと・・・。

落としたらすぐ割れる!!

これはもうどうしようもないです。

割れちゃう素材になってしまうんですから!

それでは修理していきましょう

まず、背面パネルの交換修理といっても背面のガラスを剥がして、新しいものを取り付ける。

といった修理内容ではありません。

実は、背面ガラスのくっついてある新しいフレームに全てのパーツを移植するという修理内容となります。

 

 

*新しい背面ガラスとありますが純正取り外し品となります。
アップルマークはありますが、正規のパーツ扱いではありませんので
ご注意くださいませ。

そう、お引越しおです!

ですのでお客様のiPhone8を全分解して中のパーツを全て取り出し、

新しいフレーム、新しい家にお引越しすると言う形ですね。

この修理の方法だとフレームが新しいものになりますので

落下による背面ガラスの割れた修理で、フレームも歪んでしまったと言う方は

フレームもついでに修理できちゃうんです。

全分解修理となるため、お時間が約2.3時間かかりますが

その日のうちに直せるのは当店の自慢です。

お預かり修理になる修理店もあるなかでこの短時間での修理は朗報ですね!

今回の修理ではライトニングコネクタの接触不良もチェックしてほしいということで

ライトニングコネクタも取り替え修理を行いました。

修理後は問題なく起動し動作、充電共に正常です。

それでは大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。

iPhone7,iPhone8,iPhoneSE(2020)見分け方

こんばんは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

本日はiPhone8の画面交換修理のブログを書いていきます。

iPhone8はiPhone7と違い、背面がガラスパネルとなっております。

それによって背面からの非接触充電が可能となっている端末です。

iPhone8はiPhone7とサイズ感がほぼ同じでiPhoneX以降のホームボタンのない機種とは少しサイズ感が違います。

最近発売されたiPhoneSEともサイズ感は似ています。

修理の際のご予約の際など、自分の端末が何の機種なのかを把握しないといけない場合の見分け方をお教えいたします。

まずiPhone7とiPhone8,SE(2020)の違いは背面がガラスかどうか、です。

iPhone7の場合だとフレームと背面は同じ素材でできています。

iPhone8,iPhoneSE(2020)は背面パネルがガラスでできています。

では、背面がガラスパネル同士のiPhone8とiPhoneSE(2020)の見分け方はと言うと

背面にあるアップルマークロゴの位置をご確認ください。

 

 

アップルのロゴが上の方に配置されているものがiPhone8、

アップルのロゴが真ん中に配置されているものがiPhoneSE(2020)となります。

これであなたも見分けられるようになりましたね!

これが見分けられず、自分が使用している端末の機種名を誤っていると修理に出す際にデメリットが生じてしまいます。

例えば、自分が使っている機種がiPhoneSE(2020)だったのにも関わらず、

ご自身はiPhone8を使っているという誤った認識でいた場合。

修理店に修理を依頼するときに間違った端末の修理予約を入れてしまって

いざ、店頭にて修理に出したときにiPhoneSE(2020)の在庫が切れてしまっている!なんてことも考えられますよね。

修理のさいに在庫がなければ、また入荷するまで待たなければならない。

修理するためにまた修理店へと足を運ばなければならない、二度手間ですよね。

そういったことを避けるためにもご自身で使っている機種の名前はしっかりと把握しておきましょう。

今回の修理はiPhone8の画面交換修理で修理時間20分程度。

修理後には動作確認をしっかり行いご返却となりました。

ごく稀に自分で使っている端末の機種がわからない方がおられますので

修理の際はこのブログを参考にしていただければなと思います。

それでは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。

iPhoneのカメラレンズも修理可能|スマフォドクター梅田店|

こんにちわスマフォドクター梅田店です。

本日も営業しております。

iPhoneは液晶パネルの破損が多いですが、

裏側のガラスや、カメラの部分のレンズの破損も多いケースです。

いろんな箇所がガラス製で構成されてしまっているので、

落下の諸劇やぶつけてしまった際、割れてしまうことが多いです。

日常の中でカメラを使って、日常を撮影すると言うのは、

もはや息をするのと同じくらいの行為になってきたと思います。

スマホのカメラは絶対に必要不可欠なものです。

そのカメラに亀裂が入っていたり、

ぼやけているといった状態はかなりのストレスになると思います。

そういったカメラの不具合等も当店では改善可能です。

本日はiPhone8のリアカメラの外側のレンズの破損でお客様がご来店されました。

レンズだけなのか、中のカメラ部分にも損傷が及んでいるのか、

確認しつつ交換作業をさせていただきました。

幸い今回は外側のレンズ部分のみの破損で、

その部分の交換だけさせていただきました。

カメラやレンズの交換でも、

即日修理で対応いたします。

ぜひご来店くださいませ。

 

スマフォドクター梅田店

LG style2 不具合報告

こんばんは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

みなさま、秋の気配がしてきましたね。

さあ、今回はiPhone8の画面交換修理のお客様がご来店されました。

最近ではPC修理、Mac miniのメモリ増設などブログに書いてきましたが

やはりiPhone修理は後を絶ちません。

それだけのシェアがまだある、需要がある。

と言うことですね。

しかしながらiPhone以外、その他メーカーの修理も増えてきています。

本日あったお客様からのご相談でLG style2の液晶が突然表示しなくなった、と言う不具合です。

数ヶ月前からメーカーでも発表されている不具合のようですが

液晶がチカチカしたり、画面の明るさが不安定に変わったりと様々な症状が出ている様子です。

落として画面を割ってしまったなど故障の原因が思い当たらない場合はこの不具合の可能性もありますね。

iPhoneでもそういったiOSエラーなど大きく話題になったものから噂程度のものまで様々・・・。

やはりスマートフォンが進化していく中ではいろいろと課題を乗り越えていかなければならないようですね。

これからのスマートフォン、スマートフォンのシステム面でも進化が楽しみです。

今回はiPhone8、

私がiPhone7を使用していた時は様々なエラーが報告、実際に自分にもエラーが起こったこともありました。

iPhone8では比較的安定しているように個人的には感じます。

画面の交換修理は20分程度で終了し、最後にはガラスコーティングサービスもご依頼頂いていたので、

丁寧にコーティングを施してのお返しです。

 

 

最後になりますがLG style2のご相談依頼はまだ解決しておりませんので

メーカー等の対応や修理可能かどうかをさらに調査して

何かわかり次第このブログにてご報告させていただきます。

それでは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。

iPhone8水没リンゴループ

こんばんは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

みなさまスマホが突然リンゴループしたらどうでしょう?

すごく困っちゃいますよね。

今回の修理ご依頼をいただきましたお客様の端末はiPhone8

水没をしてしまったようではありますが、全体に水がかかったわけではありません。

ホームボタン付近から下の方が水に浸かってしまったらしく

その後、電源を落として起動した時にはリンゴループを繰り返すようになったとのことです。

まずは原因を探っていきましょう。

バッテリー、ホームボタン、など原因となりそうな部分の故障を調査していきます。

特にこの辺は問題がなかったですね。

水没した箇所が、本体の下側だと言うお話がありました。

ですので充電部分の交換、ライトニングコネクターを交換してみましょう。

iPhone8はライトニングコネクタ修理する場合、基板を外さなくてはなりません。

逆にこの工程を利用して水没状況もしっかり確認してみます。

分解した様子がこちら!なかなかたくさんのパーツがありますね。

 

 

 

目視ではライトニングコネクター付近以外の水没の影響は薄そうです。

錆などもほとんどありませんが、ライトニングコネクター付近のネジは白く固まったものや

錆びているものもありました。

 

 

もしかしたら、海水。

海での水没で塩分が端末内部に残ってしまったのかもしれません。

こんかいはこういった不純物も取り除いていきます。

ライトニングコネクターの交換後は問題なく起動し、動作も今の所問題ありません。

突然の電源シャットダウン、リンゴループにもご対応可能ですので

お困りの際はお気軽にご相談くださいませ。

それでは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。