Mac mini メモリの交換時期

こんばんは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

本日はMac miniのRAM メモリ増設のお客がご来店されましたのでブログを書いていきます。

Mac mini2020年モデルは3/20に発売されました。

最近このブログでメモリ増設の記事を書いてからMac miniのメモリ増設問い合わせが増えてきています。

増設は即日対応可能ですので預けることはありません。

メーカーで最初にメモリのカスタムを行わず、Mac miniを使った作業内容が多くなり

メモリ不足を感じ始めたお客様は是非、当店にご相談くださいませ。

 

 

当店スタッフでもMac miniを使用しているスタッフが複数人いますが全員自身でメモリの増設を行っています。

メモリ不足を感じる前に購入当初から増設しています。

メーカーカスタムだと費用がかかりすぎる、カスタムが届くまでの時間がかかってしまうからです。

では、既に購入されている方でメモリの増設をどのタイミングで行うべきなのでしょうか。

Macがフリーズしてしまった際に、ぐるぐる回る虹色のマークをご存知でしょうか。

これは正式名称「レインボーカーソル」と言います。

レインボーカーソルとは、Mac OSで採用されている、アプリケーションの処理がハングアップ状態(フリーズ状態)に陥っていることを示すカーソル形状の通称である。いわゆる固まった状態である。

レインボーカーソルが表示された場合でも処理がわずかながら進行している場合があり、待っていれば回復することがあるが、基本的にはかなりの時間を要するので、原因となっているアプリを強制終了せざるを得なくなることが多い。

引用:weblio辞書

一概にメモリ不足のせいで発生してしまうレインボーカーソルとは限りませんが、

以下のようなことがない場合はメモリ不足を疑い、メモリ増設を考えたほうがいいかもしれません。

 

1.HDD,SSDの容量に余裕がない

2.バックグラウンドで処理の重い作業を行なっている

3.ブラウザのタブを開きすぎている

4.動かしてはいないがアプリを立ち上げたままにしている

このようなことがない場合はメモリの増設も視野に入れていきましょう。

実際メーカーで診断しても明確な原因が出てこない場合もありますので

メモリに余裕を持たせることは悪いことではないと思いますので一度検討してみるのもありですね。

今回は45分程度でメモリ増設が完了し、現在動作も良好です。

これからの経過を見てもらいます。

それでは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。

Mac mini メモリ増設できます

こんばんは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

今回はMac miniのメモリ増設ブログを書いていきます。

お客様は当初、Mac mini の増設をご自身でやろうとしていました。

ですのでメーカー保証等は入っておりません。

Mac miniは増設のために中を開いてしまうと、メーカーの保証が受けられません。

ですので無駄にコストをかけないように、そしてなるべく安く済むように

メーカー保証に入らずにご自身で購入したメモリを使おうという作戦のようでした。

しかし、お仕事が忙しくなってきて増設するにも特殊な工具を揃えることや作業時間、

そしてなによりそういった増設の経験がないことが不安になってきたことで

今回ご依頼をいただきました。

 

 

Mac miniはのメモリ増設作業記事は前回書いておりますので

ご自身で増設したいと言う方は前回の記事をご覧くださいませ。

今回のお客様のMac miniはメーカーからの本体購入時にメモリ以外のカスタムはしております。

オンボードの部分はメーカーに任せて、メモリはご自身でも増設可能なものになっています。

スペックはこちら

プロセッサ
3.2GHz 6コア第8世代Intel Core i7(Turbo Boost使用時最大4.6GHz)

メモリ
8GB 2,666MHz DDR4

ストレージ
1TB SSDストレージ

プリインストールソフトウェア
ギガビットEthernet(10/100/1000BASE-TギガビットEthernet、RJ‑45コネクタ使用)

メモリはカスタム無しの8GBです。

Mac miniのカスタムの最大メモリ容量は64GBです。

カスタムで16GB 32GB 64GBに変更可能です。

仮に32GBに増設する場合メーカーのカスタムに出すとプラス¥60000費用がかかってしまうところ

mac mini対応のメモリを購入して、ご自身でメモリ増設すると大体¥40000程浮きます。

もちろん増設に自信がなければ当店でも交換可能ですので

ご相談の際はお気軽にお問い合わせください。

それでは大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。

Mac book pro バッテリー交換修理

こんばんは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

みなさま、当店は Mac PC 修理を行っているのはご存知でしょうか?

最近ではMac book proのバッテリー交換修理ご依頼が数多くいただきます。

今回ブログを書いている私も、Mac book proを使用しておりかなり長く使っているので

バッテリー交換を行ったことがあります。

電源ケーブルを基本的に挿したままでの使用しかしませんが

バッテリーが膨張していたので、トラックパッドがクリックできずバッテリー交換を

行いました。

修理は基本的に即日修理可能でが、もしも修理ご希望であれば事前ご連絡により

パーツの確保を行いますのでお気軽にご連絡くださいませ。

 

 

こちらは最近あったMac PCのバッテリー交換分です。

 

一見同じようなバッテリーに見えますが、PCの年式や本体サイズによって入荷するパーツが

異なります。

パーツ入荷の際にお客様のPCがどの機種のものかを把握しなければなりません。

これはお客様自身もどの機種を使っているかが分からなければパーツ入荷が困難だと言うことです。

じゃあ、どこを確認すればいいの?

本体の裏側をご確認ください。

そうすれば、大文字の「A」の後に4桁の数字が書いてあるかと思います。

そのA○○○○番号をお伝えいただければ比較的スムーズにパーツの入荷確認が可能です。

メール等でご依頼、ご相談の際は本体年式、何インチか、A番号をご入力ください。

さて、本日はMac book pro 2016年 13インチのバッテリー交換修理を行いました。

お客様のMac book proは動作に問題ありませんがバッテリーの持ちが悪かったご様子です。

今回の修理はおおよそ2時間程度で終了しました。

修理後は動作の確認を行いお返しとなります。

それでは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。

Mac miniメモリ増設解説

こんばんは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

本日は前回ブログにも書いてあったMac miniのメモリ増設を記事にしていきます。

まず必要な道具ですがトルクスドライバーTR6,T5,T10と裏蓋を開けるためのヘラ、

他はピンセットなどがあればOKです。

 

1.裏蓋を開ける

 

先ずは裏蓋を外します。これはヘラでパカっと開けます。

硬めのカードなどを蓋と本体の隙間に入れてひも開けると思います。

 

2.アンテナプレートを取り外す

 

裏蓋を開けるとアンテナプレートが現れます。

このアンテナプレートのネジを6つ外します。

アンテナプレートのネジを外した後、

アンテナプレートの取り外しの際は少し気を使わなくてはなりません。

なぜならアンテナプレートにケーブルが接続されているため、そのケーブルを切らないように

気をつけてください。

そのケーブルは基板と接続されています。

ネジでしっかりと固定されているケーブルですのでT6またはTR6のトルクスドライバーで

ネジを外し、ピンセットなどでしっかり基板と切り離してから

アンテナプレートを取り外しましょう。

 

3.ファンを取り外す

ファンは角度の違う感じでネジが4つ止まっていますのでそれらを外します。

コネクタはこの画像のようになっておりピンセットを使い慎重にコネクタを抜きます。

 

4.ロジックボードを取り外す

まず、電源ケーブルを抜き、電源LEDのコネクタを抜きます。

次にロジックボードを固定しているネジを外します。

これはトルクスドライバーT10を使って取り外しましょう。

ネジはかなりしっかりと固定されているためネジ穴を潰さないようにだけ気をつけましょう。

そしてロジックボードをボディからスライドさせながら切り離します。

 

5.メモリを換装する

トルクスドライバーのT5を使用してメモリカバーのネジを外し、メモリカバーを斜め上に取り外します。

メモリスロットがこちら!

メモリスロットの奥から1.2と言う順番です。

メモリはしっかり差し込んだことを確認しましょう。

組み直す場合はここまでの工程を再度行わなければならず、故障のリスクも高まります。

面倒でリスクああり、は避けたいですね。

 

あとはこの逆の工程を進めて電源を入れて「このMacについて」部分の「メモリ」をご確認ください。

今回は16Gのメモリを2枚組みましたので32G表示がしっかりとされていました。

 

ご自身で増設可能ですが、不安な方は当店でもご対応可能ですのでご相談くださいませ。

それでは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。

 

 

Mac miniメモリ増設

こんばんは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

みなさま、Mac miniはご存知ですか?

 

 

今年の3月にMac miniの復刻版2020年版として発売されたものです。

当店スタッフが本日購入しましたし

このブログを書いている私も購入予定で、

Mac mini2020の発売自体は半年前ですがタイムリーなのでブログを書いてみます。

MacのPCは購入時にカスタムができますよね。

CPUのカスタムからメモリ増設、ストレージの増設などが可能です。

しかしなかなか値段が高くなってしまいますので、

少しでもコストを抑えるために自らできる増設は自分でやってしまおう!

と言うことですよ!!!

今回のMac miniですとCPU、ストレージの増設は難しいですが

メモリの増設は可能です。

ですので、当店スタッフはメモリは最小の8Gを選択しました。

ちなみに私も8Gメモリのカスタムで購入し、32Gに変更予定です。

メモリの購入はまだですがおそらく数万円は浮いてくるでしょう。

このようにオンボードではなく自分でカスタムできるところは自分で完結させてしまい

コストを下げることができるのです。

しかし、注意点があります。

これは、カスタムした段階でメーカー保障が受けられなくなりますので

ここは自己責任で・・・。

もしもメーカー保障に入らず、自分でカスタムするのも怖い!と言う方は

当店でもメモリ増設カスタムは可能ですのでご相談くださいませ。

それでは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。

Mac book pro 2011 late A1278バッテリー交換修理

こんばんは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

みなさまMacのノートPCなどお使いですか?

今ブログを書いている私もMacユーザーであります!

しかし、今現役バリバリで動かしているPCは

「Mac book pro 2011 late モデル A1278」

です!かなり古いのです・・・。

ちなみに現在修理したい箇所はトラックパッドとバッテリーです。

もしもお客様でMac book の交換修理ご希望の場合は

 

・機種名  (Mac book proなど)

・年式 (今回の場合は2011年 late)・・・earlyモデルなどもありますね。

・モデル番号(本体裏側などにあるAから始まる4桁の番号)

こちらの情報をご確認いただきますと修理ご依頼時にスムーズですよ!

 

今回の私のMac book pro の症状としては、

トラックパッドは反応するのですがクリックができない、カチカチという押し感がない状態。

タッチ操作でなんとかなる部分もありますが、ドラッグアンドドロップができないと言う状態です。

バッテリーは単純に劣化による容量不足を感じたので新しいバッテリーに交換していこうと思います。

中を開けてみるとこんな状態、この写真はすでにバッテリーの交換修理を終えた状態ではあります。

元々取り付けてあった純正のバッテリーは膨張していました。

そこまでひどい膨張ではありませんでした。

画像をご覧ください、

バッテリーの位置、これはトラックパッドの部分でもあります。

簡単に言えばこのバッテリーを取り外すとトラックパッドの裏側が見えてきます。

・・・。もうお気付きの方がいるかもしれませんが。

そう、このトラックパッドの押し感がない状況は、バッテリーの膨張によるものだったのです。

バッテリーの膨張によりトラックパッドの裏面が圧迫されて隙間がなくなり

カチカチという押した時に動作する隙間がなかったため、押し感がなかったのです。

バッテリーを新しいものに交換後はトラックパッドも通常通り稼働。

押し込んだ時のカチカチという押し感もあります。

今回修理箇所は二箇所かと思いきや、2つの症状ともにバッテリーによるものだったのですね!

交換後は初期不良のチェック、バッテリーにしっかり電力はチャージされるのか。

充電ケーブル非接続でも稼働してくれるのかなどチェックしていきます。

一通りクリアしたのであとは通常通り使用していき経過を見ていきましょう。

 

それでは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。