MacMiniの画面表示がピンク色?

こんばんは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

本日はmac mini2020の記事を書いていこうと思います。

当店ではmac mini2020のメモリ増設が可能です。

一時期のmac book pro シリーズ同様にメモリ増設が可能ですがmac bookの背面プレートを外してさあメモリ交換・・・

というわけではありません。

mac miniの場合は背面を開きwifiケーブルを外し 最終的に基板を取り外さなければなりません。

慣れてしまえば30分程度で終わる作業ではありますが、初見でどうも手が出しづらい方も多いのではないでしょうか。

当店スタッフは数名mac mini2020モデルを使用しており、実際に自分の端末のメモリ交換を行っております。

そのスタッフの最近あったmac mini不良?を書いていこうと思います。

まずそのmac miniのメモリ増設をしたスタッフは数日間問題なくmac miniを使用していたようです。

普段使用しない場合はスリープ状態にしているという彼ですが、その時は電源をきっていたそうです。

次の日にいざmac miniを起動させると、なんと画面全体がピンク色に・・・・。

うっすらログインする時のアイコンが見えるのですが、操作できているのかマウスカーソルが動いているのか

全くわからない程、表示がおかしくなってしまっていた様です。

その時に心当たりがないかどうか考え、最近OSバージョンアップしたなーとか、最近新しいプラグインのダウンロードをしたなー

とか考えながら まあ、電源ボタンで強制的にシャットダウンしたら復旧するだろうと思い電源を切り、

再び電源をつけましたが

また画面全体がピンク色になって操作不能に陥ったそうです。

なんども再起動を繰り返すとなんとか正常に表示するようになったのですが

不特定の操作中にPCが応答しなくなったり、画面が固まったような挙動を見せたようです。

mac miniのメモリ増設が原因なのかなーと思って色々調べた結果答えはもっと簡単なところにあったようなのです。

結果から言うとモニターが悪かったと言うことです。

原因は新しいプラグインでもメモリ増設でもなく、mac miniに接続しているモニターです。

モニターのリフレッシュレートがPCなどに合うものではなかったと言うことです。

リフレッシュレート(垂直走査周波数)とは、

液晶ディスプレイの画面全体が1秒間に何回更新されるかを示す数値で単位はHz(ヘルツ)で表されます。

60Hzであれば1秒間に60回画面が更新されていることを示し、数値が大きいほど映像を滑らかに表示させることができます。

静止している映像でもリフレッシュレートに合わせて目では判別できない速度で画面が更新されています。

彼が使用していたのはTVモニターでPC用のモニターではなかったと言うのがオチです。

しかしリフレッシュレートが違うだけでPCの画面表示だけでなく操作や挙動にも影響があったんだなあと勉強になりました。

それでは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。

 

MacBookPro2015/SSD交換修理

こんばんは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

本日はMac book pro 2015モデルのハードディスクを認識しないエラーの修理ご依頼がありました。

お客様のMac book pro 2015はOSアップデートを機に電源を入れようとすると

ソリッドステートドライブが見当たらない時に表示されるフォルダの絵に「?」マークがついている表示が出て

一向に起動しないとという症状です。

これはMacがソリッドステートドライブ(SSD)を認識できていないことを表している状態です。

システム面でのエラーがあると予想して改善に向けて動き出しました。

しかし、どうやらSSD本体の物理故障ということが判明しました。

SSDの故障、もしくはMacの基板とSSDを接続する際の独自規格のアタッチメントの故障も考えられます。

まずはSSD本体を交換し原因究明を進めていきます。

本日お客様は飛び込みの修理だったためにSSD在庫がありませんでしたので、

次回はSSDを仕入れて交換していく作業に入っていきます。

 

 

もしも交換後にもSSDが認識できないような場合はMac独自のアタッチメントの故障である可能性が高まります。

続きがきになる方は、続きをこのブログにて公開する予定ですので是非チェックしてみてください。

それでは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。

マジックマウスの分解、修理

マジックマウスの分解、修理

皆さんこんにちは、こんばんは、お疲れ様です!
スマフォドクター梅田店です!

本日はiMacなどを利用しているほとんどの方が使用しているであろう

マジックマウスの分解、修理をさせて頂きました。

今回は梅田店のスタッフの私物ですが、最近Bluetoothの調子が悪く

PCと上手く接続ができない不具合が起きていました。

普段はiPhoneやiPadなどをメインの修理ブログを載せていますが

本日はマジックマウスの修理を紹介していこうと思います。

まずマジックマウスですが基本的に基板の固定以外にネジは使われておらず

薄いヘラやピックなどを使いこじ開けていく形になります。

アルミ製のフレームを外すと黒いプラスチックにカバーが見えるのですが

その裏に基板やケーブルなどが配置されているため、

ご自身で修理を考えている方は無理やり開けないようご注意下さい。

何度か水没をさせてしまっていたようなので

修理というよりも基板部分のクリーニングがメインでした。

基板をしっかりと洗浄し乾かしてから組み上げます。

基板のクリーニングのおかげかBluetoothの機能が復旧し

通常使用できるまでになりました。

※個人での分解・修理は自己責任でお願い致します。

大阪駅周辺の町のスマホ修理屋さん スマフォドクター梅田店

スマホ修理ならスマフォドクター梅田店

こんばんは、大阪駅周辺の スマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

本日はiPhoneの古い機種の修理のご依頼が数多くきました。

ご予約ない方のご対応もさせて頂きましたがこの様に同じ機種の修理が連続で続いてしまう日は

パーツの在庫がなくなってしまうことがありますので

ご予約をいただいていた方が確実に修理できるかと思われます!

皆様お気をつけください。

今回はバッテリー修理、画面交換修理、ホームボタン修理と様々な修理内容のご依頼をいただきました。

iPhoneからGalaxy、のご依頼など機種も多岐に渡ります。

 

 

 

梅田で様々な機種の修理ができるスマフォドクター梅田店におまかせください!

今回はiPadの点検もありました。

スマホの修理、iPad、Mac PCなど様々な修理が可能です。

最近発売されたMac mini2020のメモリ増設なども可能です。

スマホの修理の後にコーティングも可能ですので新品を購入した時の様に綺麗なスマホに大変身!

修理価格も張り切っています!

梅田近辺で修理店をお探しであれば、ぜひスマフォドクター梅田店にご相談くださいませ!

修理依頼でなくとも、最近スマホの調子が悪い、あたらしい機種に変更したいけど今使っているiPhoneのバッテリー

はだいじょうぶなのかなぁ・・・。

といった些細なお悩みでご来店されても構いません!

解決できる様にサポートさせていただきます。

それでは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。

Mac book Pro バッテリー交換

こんばんは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

本日はMac book pro 2013年 late A1706のバッテリー交換修理ブログです。

お客様のMac book proはバッテリー交換を一度行っております。

しかし充電完了後、バッテリーが100%まで溜まっているのに駆動時間が短いとのことでバッテリー交換、

またはシステム面での点検を行うこととなりました。

まずはバッテリーを交換してみます。

 

 

前回修理をされる時は大体2時間半ほどの駆動でバッテリーが尽きてしまう様な感じだったそうです。

交換後はそれが1時間半ほどになってしまったそうです。

新品交換後に駆動時間が短くなると言うことは交換パーツの初期不良や、パーツの相性、システムエラー

などいくつか原因が考えられます。

1つずつ原因を探っていきます。

バッテリー交換後に動作確認を行ってみます。

修理を一度されていると言うことで作業自体は最初に修理に出された時よりも短くできる場合があります。

今回はお急ぎの様ですので即日対応を視野に入れて

交換後動作チェックを行い、お返し。

その後の使用感、経過を見ることとなりました。

それでは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。

Mac mini メモリの交換時期

こんばんは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店です。

本日はMac miniのRAM メモリ増設のお客がご来店されましたのでブログを書いていきます。

Mac mini2020年モデルは3/20に発売されました。

最近このブログでメモリ増設の記事を書いてからMac miniのメモリ増設問い合わせが増えてきています。

増設は即日対応可能ですので預けることはありません。

メーカーで最初にメモリのカスタムを行わず、Mac miniを使った作業内容が多くなり

メモリ不足を感じ始めたお客様は是非、当店にご相談くださいませ。

 

 

当店スタッフでもMac miniを使用しているスタッフが複数人いますが全員自身でメモリの増設を行っています。

メモリ不足を感じる前に購入当初から増設しています。

メーカーカスタムだと費用がかかりすぎる、カスタムが届くまでの時間がかかってしまうからです。

では、既に購入されている方でメモリの増設をどのタイミングで行うべきなのでしょうか。

Macがフリーズしてしまった際に、ぐるぐる回る虹色のマークをご存知でしょうか。

これは正式名称「レインボーカーソル」と言います。

レインボーカーソルとは、Mac OSで採用されている、アプリケーションの処理がハングアップ状態(フリーズ状態)に陥っていることを示すカーソル形状の通称である。いわゆる固まった状態である。

レインボーカーソルが表示された場合でも処理がわずかながら進行している場合があり、待っていれば回復することがあるが、基本的にはかなりの時間を要するので、原因となっているアプリを強制終了せざるを得なくなることが多い。

引用:weblio辞書

一概にメモリ不足のせいで発生してしまうレインボーカーソルとは限りませんが、

以下のようなことがない場合はメモリ不足を疑い、メモリ増設を考えたほうがいいかもしれません。

 

1.HDD,SSDの容量に余裕がない

2.バックグラウンドで処理の重い作業を行なっている

3.ブラウザのタブを開きすぎている

4.動かしてはいないがアプリを立ち上げたままにしている

このようなことがない場合はメモリの増設も視野に入れていきましょう。

実際メーカーで診断しても明確な原因が出てこない場合もありますので

メモリに余裕を持たせることは悪いことではないと思いますので一度検討してみるのもありですね。

今回は45分程度でメモリ増設が完了し、現在動作も良好です。

これからの経過を見てもらいます。

それでは、大阪駅周辺のスマホの修理屋さん スマフォドクター梅田店でした。